Googleが検索結果ページを刷新しました。

Googleの左サイドメニュー付きの新しいUI

僕が1ヶ月前にレビューした新ユーザーインターフェイスの正式導入になります。

いちばんの大きな変更は左サイドのナビゲーションパネルの導入です。
右サイドにAdWords広告が表示されると3ペインになります。

ナビゲーションパネルにはこれまでオプションとして提供されていた検索ツールが標準で表示されるようになりました。

初期状態の検索結果はユニバーサル検索を含んだすべての結果が表示されますが、検索キーワードに対応したカテゴリで即座に絞り込むこともできます。

詳しい変更については公式ブログとビデオの説明を参照してください。

左ペインの他にはロゴが変わったり、インデント結果の字下げ幅が小さくなったりとか、細かな改良も加えられてます。

新しいUIは国内外ですこぶる不評のようですね。

Googleの公式ヘルプフォーラムでは日本でも非難の嵐だし、英語版でも同様です。

元のインターフェイスに戻してほしいというリクエストも多いようですが、Googleのスポークスマンによれば、元に戻すことは考えていないそうです。

そんなに使いづらいですかね。
僕は1ヶ月前から今の新しいUIに変えられてしまいましたが、まったく違和感なく使えています。
最新のニュース記事が知りたりときは、左ペインに「ニュース」が出ているので簡単に絞り込みができて意外に重宝してます。

古いUIで検索できるURLやナビゲーションパネルを消すアドオンもあるようですが、古いものにこだわり続けるよりは、受け入れて新しいものに慣れていった方が得策な気がします。

Googleの新しい検索インターフェイスにあなたはどう感じていますか?


このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google、検索結果ページをリニューアル — 左ナビゲーションパネルに検索ツールを導入

Comments

  1. By on

    このデザインを行ったチームはよくユーザのユースケースを分析していると思います。
    毎日50回程度検索する私にとっては全く違和感なく操作できます。

    mixiのデザイン変更時も毎回、使いづらくなったというコメントが殺到します。使い慣れたモノが変化したら一時的には自分にとって使いづらくなるのはしょうがないです。

    使いづらいと感じたユーザの方が不満を持ち、フォーラムやTwitterで発言しやすいので目に付きやすいのかも知れません。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    使いづらいと感じたユーザの方が不満を持ち、フォーラムやTwitterで発言しやすいので目に付きやすいのかも知れません。

    それはあるかもしれませんね。
    気に入ったユーザーが、「新UIはすばらしい」とあちこちで発言することはなさそうです。
    半年もたてばみんな慣れてしまい不満も消えそうですね。

▲ページの一番上に戻る