世界最大のソーシャルブックマークサイトの、del.icio.usdelicious.comとして生まれ変わりました。

新しいデリシャスのホームページ

deliciousは、日本語のサイトもブックマークとして登録できるので、日本人でも多くのユーザーが利用しています。

deliciousの公式ブログによれば、スピードアップして、検索機能が改善され、インターフェイスも使いやすくなったそうです。

と、ここまではdeiciousを使ったことのない人、使うつもりのない人にはどうでもいい情報です。

僕もアカウントは持っていますが、使っていないに等しいので、重要なニュースではありません。

でも、なぜ新生deliciousを取り上げたかというと、理解のできない現象に気づいたからなのです。

その現象とは、新しいdeliciousのPageRankです。

Googleツールバーをインストールしている人は見てもらえれば分かるように、delicious.comのPageRankは「9」です。

「おぉ、そんなに高い数値なのか」ということではありません。

PageRankが表示されていることに驚いたのです。

古いURLのdel.icio.usにアクセスすると、新しいdelicious.comに自動的に転送されます。

これは、301リダイレクトを利用しています。

301リダイレクトを使って転送すると、転送元のサイトの情報は転送先のサイトに引き継がれます。
PageRankも例外ではありません。

ですから、新しいdelicious.comがPR9を表示していても不思議はないと思うでしょう。

いいえ、不思議なんです。

通常、301リダイレクトによって情報が旧サイトから新サイトに移るまでには、少なくとも2?3週間はかかります(Google GroupsのスレッドでGoogleの社員が言ってました。URL、思い出せませんw)。
1、2ヶ月かかるのも普通なようです。

del.icio.usがdelicious.comに振り返られたのは、数日前です。
直近のGoogleツールバーの更新は、1週間前です。

ツールバーのPageRankは、だいたい3ヶ月に1度の定期更新で、最新で2週間くらい前にインデックスされたページに数値が付くようです。

計算が合いませんよね。

Google内部では移行が完了していたとしても、普通に考えると、次回の更新でPageRankが付くはずなのです。
それまでは、「PageRankの情報を利用できません」と表示されて、グレーアウトされるはずです。

どうでもいいといえば、どうでもいい些細な問題なのですが、気になってしまいました。

こんなときは、SEOスペシャリストたちに聞けばいいということで、WebmasterWorldでスレッドを立ててみました。(笑)
※1,2ヶ所、英文が間違ってます。(??;

投稿後、ほどなくしてフォーラムアドミニストレータのtedsterからレスが付きました。

I can’t say for sure, but when a site is so prominent that it has a PR9, then it certainly may get some special treatment – a manual change, in other words.


“断言はできないが、PR9というのはサイトがとても卓越しているということだから、なにか特別な扱いを受けているんだろう。つまり手動で変更されたということだ。”

推測の域は出ないけれど、抜きん出て評価の高いサイトだから、特別扱いでPageRankを表示するように修正されたんじゃないかということです。

十分ありえそうですね。

う?ん、それにしても新PageRankのアルゴリズム分析でもそうですが、tedsterには憧れますね。

今立ち上げ中のSphinn JapanでコンタクトができるようになったDanny Sullivanのように、tedsterにもお近づきになりたいものです。w

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › del.icio.usから生まれ変わったdelicious.comは特別扱い?

▲ページの一番上に戻る