[レベル: 初〜中級]

Googleは、AdWordsでもモバイルフレンドリーのラベルを表示するテストを実施しているとのことです。

また導入されたばかりの、モバイルフレンドリーアップデートはAdWordsの品質スコアには影響を与えません。

AdWords広告でのMobile-friendlyラベル

現在、モバイル検索のオーガニック検索の結果では、モバイルフレンドリーなページに「スマホ対応」のラベルが付けられます。
英語のラベル名は「Mobile-friendly」になります。

AdWordsでも、この「Mobile-friendly」ラベルが付いた広告が目撃されました。

スクリーンショットがTwitterに投稿されているので、そのツイートを埋め込みます。

3つある広告(黄色の「Ad」ラベルが付いている)のうち、下の2つに「Mobile-friendly」ラベルが付いています。

AdWordsのモバイルフレンドリーラベル

もう1つツイートを埋め込みます。

下の広告に「Mobile-friendly」ラベルが付いています。

Search Engine Landによれば、Googleのスポークスマンがテストを実施していることを認めたとのことです。

日本でもテストが行われているのかが気になります。

なおラベル表示は品質スコアにはなんら影響しないそうです。

モバイルフレンドリーアップデートも品質スコアには影響せず

テスト中とはいえ、AdWords広告の「モバイルフレンドリー」ラベルは品質スコアには影響しません。

それでは、オーガニック検索に導入されたモバイルフレンドリーアップデートはAdWordsの品質スコアに影響するのでしょうか?

こちらも影響しないとのことです。
Googleの社員が、英語版のAdWords公式ヘルプフォーラムで説明しています。

Remember this update will not affect your AdWords performance or your individual Quality Scores.

この(モバイルフレンドリー)アップデートは、AdWordsのパフォーマンスや個々の品質スコアに影響しないことを知っておいてください。

自然検索と有料検索は別ものですから、いたって当然ですね。

いずれはAdWordsでもモバイルフレンドリーが要求される?

テストだけでは終わらずに、遅かれ早かれAdWordsでもモバイルフレンドリーラベルが付くのではないでしょうか?

そして、モバイルフレンドリーかどうかは品質スコアには影響しないとのことですが、これも「今のところは」かもしれません。

僕はPPC広告の専門家ではありませんが、僕が広告を出稿していたとしたら、検索ユーザーが見やすく使いやすいランディングページを今から準備しておくと思います。

ただしモバイルフレンドリーとして認定されるためには、オーガニックとは異なる条件を満たす必要があり得る点には気を払いたいところです。
それにコンバージョンさせるためのモバイルフレンドリーなランディングページには、一般的なページとは違う構成も求められるはずです。

“PPC向き”のモバイルフレンドリーが必要になりそうです。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › Google、「モバイルフレンドリー」ラベルをAdWords広告でも導入か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る