[レベル: 初・中・上級]

Googleは予告どおりにモバイルフレンドリーアップデートを世界中で実行しました。
このアップデートは、スマホ対応しているかどうかをランキングシグナルとして使用するアルゴリズム更新です。

公式ブログで発表

日英ほか、各言語での公式ブログで導入開始を発表しています。

ウェブマスター向け公式ブログ日本語版の公式発表

時差の関係で米国よりも日本のほうが先に4月21日を迎えたためか、日本語の翻訳記事がオリジナルの英語記事よりも前に公開されるという異例の事態となりました。
それだけ全世界で重要な変更の現れといえます。

Inside Search Blogによると、Googleがモバイルフレンドリーアップデートの実施を予告して以降、モバイルフレンドリーなサイトが4.7%増えたそうです。
今後さらに増えると予測しています。

この増加にGoogleが影響しているのは間違いないはずです。

ちなみに公式アナウンスの記事下に書いてある投稿者名やツイートから察すると、モバイルフレンドリーアップデートには日本のGoogle社員も深く関わっているようです。

順位変動は起きているのか?

かなり大きな順位変動を起こすだろうとGoogleは予測していました。
パンダやペンギンを超えるほどだとも言われています。

動きは起きているのでしょうか?

今のところは大騒ぎなるような変動は発生していないようです。
むしろ何も変化がないというほうが多いようです。

展開が終わるまでには1週間前後程度かかるとのことでした。
これから徐々に変化が現れると思われます。

このブログのPC検索とモバイル検索の比較

僕のブログはモバイル対応していません

今朝、PCとモバイルでの検索結果を比較してみました。
Chromeのシークレットモードでログオフした状態で検索しています。
スマホはデータ回線をOFFにして、PCと同じルータ(プロバイダ)のネット回線を使っています。

結果からいうと、モバイル検索のほうが順位が低いケースと変わらないケースの両方がありました。
ただし展開が終わっていないのでこれが最終形ではないかもしれません。

まずモバイルの方が順位が低いケースから見てみます。

モバイル検索で順位が低いケース

「SEO」で僕のブログは、PCでは7位でした。
下から3つ目ですね。

スマートフォンから検索すると10位でした。
いちばん下になっています。

「301リダイレクト」の検索結果です。
PCでは、6位と7位に2つ入っています。

モバイル検索だと、6位の方は8位になって、7位の方は消えてしまいました。

消えた方は100位以内にいません。

他にもPCでは2つ表示されているのに、モバイルでは1つになっているケースがありました。
今回のアップデートによるものなのかもしれませんが、モバイル検索ではもともと1つのドメインから2つのページを同時に表示しないようになっていたのかもしれません。
僕は情報を持っていなので、判断がつきかねます。

いずれにしても、モバイル検索で順位が低いケースが確かにありました。
だたし、ほとんどは“激落ち”とまではいきません。

PCもモバイルも順位同じケース

次はPCもモバイルも検索順位が同じケースです。

「noindex」の検索結果です。
どちらも1位です。

PCとモバイルで順位が同じケースはほかにもありました。
影響を受けていないためなのか展開が完了していないためなのかは、やはりまだわかりません。

影響はまだ判断できない

初めにも言ったように、「どのくらいの影響があるのかはまだ判断できない」が結論です。

SEO関係者のなかには多くのクエリで入念に順位計測している人もいるかと思います。
そういった人は僕よりももっと多くの変化(や変化なし)に気付いているはずです。

とはいえ、展開が始まってまだ1日もたっていません。
あなたが一般のウェブ担当者なら、錯綜する情報に右往左往せずに、冷静に状況を監視していくべきでしょう。

順位変動よりも、むしろ次に紹介する公式情報をきちんと理解しておくほうが大切です。

よくある質問にGoogleが回答

Googleは公式ブログで、モバイルフレンドリーアップデートに関してよく聞かれる質問に回答しました。

モバイル対応が完了しているのならば、今回のアップデートは高みの見物ができそうです。
しかしまだモバイル対応しておらず、アップデートが気になるのであればこちらの記事には必ず目を通しておきましょう。

僕の記事で触れたことがある既知の情報も多く含まれています。
それでも公式情報なので再確認する価値があります。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › Google、モバイルフレンドリーアップデートを全世界で実施、順位変動は起きているのか?

Comments

  1. By 山本 on

    いつも参考にさせて頂いております。鈴木さんの情報収集力には常々感動しております。

    さて、本日の鈴木さんのブログを拝読していて気になったことがございました。

    >「SEO」で僕のブログは、PCでは7位でした。
    >スマートフォンから検索すると10位でした。

    私が住んでいる地域(地方都市)では「SEO」で検索しても鈴木さんのブログは見つかりません。気になったので検索の設定で地域を「東京都内」にして検索してみると、鈴木さんのブログが10位以内に登場しました。

    これは鈴木さんが意図していることでしょうか?それともグーグルの昨今の検索のローカライズ化のバグ(鈴木さんのブログを首都圏限定だと誤認識)なのでしょうか?

    以前どこかで「グーグルのローカライズ化の影響で、全国対象のサイトが一部の都市でしか検索結果に出ないようになった」という記事を見たことがあります。それと関係しているのでしょうか?

    鈴木さんのブログは既に超有名なので対処しなくても良いかもしれませんが、地方でも検索結果に出てくると、よりユーザーが増えるような気がします。

    つまらない投稿すみません。
    気になったのでコメントさせて頂きました。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    僕も確認できました。
    今朝は、トップページではなく個別ページなら2ページ目に出てきました。
    不思議ですね。

    ま、「SEO」といえど、特定のキーワードのランキングは気にしてないですし、この記事はPCとモバイルではランキングが違っていることを伝えることが目的なので、さして重要なことではありません。

    でも情報提供にはもちろん感謝します。
    ありがとうございました。:)

▲ページの一番上に戻る