去年の8月に、Googleサジェストがホームページ検索のデフォルト機能になりました。

ユーザーとしては利便性が増し、SEOサイト管理者としてはキーワードリサーチの手助けになっています。

Googleは公式ブログで、Googleサジェストが地域ごとの特色や文化を考慮して提示するキーワードを調整するように、機能強化したことをアナウンスしました。

下は、「base」と入力したときのgoogle.com(米)のサジェストです。
google.comで「base」を入力

こちらは、google.uk(英)でのサジェストです。
google.co.ukで「base」を入力

同じ英語圏の国ですが、アメリカではbaseball関連が目立ちますね。

こちらは、google.co.jp(日)のサジェストです。
google.co.jpで「base」を入力

「base」のローマ字入力として「バセ」を認識しています。

こちらは、google.de(独)です。
google.deで「base」を入力

ドイツ語が混ざっています。

ユーザーを楽しませつつも、実用的な改良には余念のないGoogleです。

海外向けのサイトを展開しているウェブマスターは、該当国のGoogleサジェストも必ずチェックするといいでしょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleサジェストが国別対応に

▲ページの一番上に戻る