グーグル ノルのロゴ
昨年末にGoogleは、「Knol(ノル)」というサービスを準備中だと発表しました。

Knolというのは、ユーザーが自分が精通しているトピックについて書いたウェブページを作成できるサービスです。
Knowledge(知識)が集まったWikipedia(ウィキペディア)のようなユーザー主体のネットの百科事典です。

Googleは、内部でテスト運用していたKnolを正式公開したと、公式ブログでアナウンスしました。

ちなみに、正式名称は「Knol」であって、「Google Knol」ではありません。

「Google」は付かないんですね。

フッターに、「©2008 Google」が見えるだけです。

「Wikipediaのような」と言いましたが、GoogleはKnolをWikipediaに対抗するサービスとは位置づけていないようです。

Wikipediaとのいちばんの大きな違いは、ページを編集できるのは作者(Author)だけという点です。

Wikipediaでは、誰でも自由に記事の編集・追加・削除が可能です。
しかし、Knolでは記事のコンテンツを操作できるのはそのページを作った作者だけです。

そのページを見た訪問者が記事に編集をかけることはできますが、それを受け入れるか拒否するかは作者が決められます。

記事編集が自由にできない代わりに、閲覧者はその記事に対してコメントを寄せたり、評価を与えることができます。

Knolは、記事を投稿した作者に、より重きを置いているようです。
「このAuthorが投稿したKnolは、とても役に立つし信頼できる」という具合ですかね。

精通しているトピックについて書かれたページがたくさん集まれば集まるほど、有益な情報サイトに育っていくでしょう。

今のところ、英語のコンテンツだけが対象ですが、それ以外の言語への国際化も進めていく予定になっています。

こういうサービスが登場すると、スパム行為をするユーザーが現れるのも常ですが、スパム防止対策はしっかりと練っているようです。

Knolを開発したのは、Googleの検索品質を管理するSearch Quality Teamですから、ノウハウは十分に蓄積されているでしょう。

Knolは有益な情報源として期待できますが、心配なのは、Wikipediaがそうであるように、多くの検索キーワードでGoogleの検索結果の上位を独占してしまうことです。

Googleのドメインを使っていることで、他のサイトよりも高い信頼度や権威が与えられることはないとGoogleはコメントしています。

通常のページのように、リンクやPageRankで評価されるとのことです。

でも、Wikipediaのように外部からの参照リンクが集まれば当然、サイト自体が強くなりますよね。
個別ページは内部リンクでパワーをもらって、結局強くなってしまうのではないでしょうか。

この辺は、正式公開後の様子に注視しなければなりませんね。

ユーザーとしては役立つサービスの登場、ウェブマスターとしては強敵の出現、といったところでしょうか。(笑)

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google Knol(グーグル・ノル)公開

Comments

  1. By on

    CoolWebです。
    WordPress2.5を使っていて、クラックされました。
    トホホ。

    WordPressが2000以上動いているので、復旧は何時になるやら…………………

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    ご愁傷様です(-人-)
    でもこんな身近であるとは。
    僕も心配になってきました。

  2. By on

    CoolWebです。
    暇つぶしに、サーバー構築してます。
    いい機会だったので、OSから入れなおしています。
    Fedora5から……………………….
    ※結構、古かった……..

    ちなみに、WordPressは、
    管理画面でadminでの入室をやめるのと、
    サフィックスのWP_をやめる
    と、攻撃されにくくなるそうです。

    PS
    OSのインストールとデータの移行の際、時間がかかるので、スロットを打ってきました。
    2万3000円勝ち!!
    ジャグラーって、いいな?。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    自宅にサーバーを持ってるんですか?
    今の時期は暑そうですね。

    サフィックスのWP_

    接頭辞は、プリフィックス(prefix)です。w

  3. By on

    貴重な情報をありがとうございます。
    早く日本語対応してほしいです。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    今日の記事で書きましたが、Knolは検索結果に強いようですね。
    日本版でも同じことが起きそうです。

▲ページの一番上に戻る