[レベル: 上級]

Googleは、hreflangの構成に間違いがあるサイトに対して一斉に警告メッセージを送っています。
hreflang(rel=”alternate” hreflang=”x” 属性)は、複数の言語や地域を対象にしてコンテンツを公開しているサイトが用いる、言語アノテーションの設定です。
今までにはなかった新しいタイプの警告になります。

警告メッセージの内容

警告を受け取ったサイト管理者のツイートによれば、次のようなメッセージが Search Console に届くようです。

Incorrect Hreflang Implementation

次のように書かれています。

Incorrect Hreflang Implementation on URL

Google has detected that some pages on your site have implemented the rel-alternate-hreflang tag incorrectly.  In particular, there seems to be a problem with language and region codes, or incorrect bi-directional linking (if page A links with hreflang to page B, there must be a link back from B to A as well).  Google uses the hreflang attributes to serve the correct language or regional URL to the right users in search results

Until you correct the errors on the hreflang links, your website will not benefit from additional language or region targeting.

日本語に訳すと次のようになります。

URL における hreflang の間違った実装

rel-alternate-hreflangタグが間違って実装されているページが貴サイトにあることをGoogleは検出しました。特に、言語コードと地域コード、あるいは間違った双方向のリンク(ページAが、ページBに向けてhreflangでリンクしているなら、ページBからページAにもリンクバックしなければなりません)に問題があるようです。Googleは、正しい言語・地域のURLを適切なユーザーに検索結果で提示するためにhreflang属性を使用します。

hreflangのリンクの間違いを修正するまでは、追加の言語や地域を対象にしたことによるメリットを貴サイトは得られないでしょう。

なお設定ミスを知らせるための通知であって、手動対策(ペナルティ)ではもちろんありません。

モバイル ユーザビリティ警告の15%

モバイルフレンドリーアップデートの実施までの間に、モバイルユーザビリティ上の問題が検出されたサイトに対しての警告メッセージが大量に送られてきました。

GoogleのGary Illyes(ゲイリー・イリーズ)氏によれば、hreflangの警告メッセージはモバイルユーザビリティ警告のときに送った通知の15%程度の数になるそうです。

おそらくモバイルユーザビリティ警告は、対象となるほぼすべてのサイトに送られたはずです。
そうだったとすると、その15%でもかなりの数にのぼるのではないでしょうか。

この記事で紹介したことは、多言語・多地域の向けサイトをあなたが運用していないのであれば、まったく無関係の情報です。
ですがこうしたサイトにあなたが関わっていて、間違ったhreflangの警告メッセージを受け取っていたとしたらすみやかに対処しましょう。
Search Consoleのインターナショナルターゲティングを必ずチェックします。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › hreflangの設定ミスを通知する警告メッセージをGoogleが一斉送信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る