新しくなったGoogleウェブマスターツールには、メッセージセンターに届いたペナルティ通知を指定したメールアドレスに自動転送する機能が付きました。

ペナルティを受けたのに気付かずに、放置しておくという事態が防げます。

しかし、必ずしもペナルティ通知がウェブマスターツールに届くとは限らないのは困り者です。

ペナルティ判定される理由のひとつに、サイトが「malware(マルウェア、悪意のあるプログラム)」に感染していることが挙げられます。

クラッキングを受けたりして、ユーザーに害を与えるような不正なプログラムを忍び込まされた時は、Googleに危険なサイトとしてペナルティ扱いされることがあるのです。

サイトがマルウェアに感染していないか調べるために、Googleの「Safe Browsing(セーフ・ブラウジング)」という診断ページを利用できます。

下のURLでアクセスします。
「site=」の後は、チェックしたいドメイン名を指定してください。

http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=www.suzukikenichi.com

Google Safe Browsing

This site is not currently listed as suspicious.

“このサイトは現在は、疑わしいとリストされていません。”と出ているので、特に問題なさそうですね。

何か問題があるときは、問題を伝えるメッセージが表示されるはずです。

いざという時のために知っておくといいでしょう。

【追記】
URLの末尾に「&hl=ja」を付けると日本語ページになりました。
http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=www.suzukikenichi.com&hl=ja

セーフブラウジング日本語ページ

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google Safe Browsingでペナルティ判定を受けていないか調べよう

▲ページの一番上に戻る