[レベル: 上級]

レストランとオンライン講座のリッチカードをサポートしたことをGoogleはアナウンスしました。
また、発表はありませんがホテルのリッチカードもサポートしたようです。

レストランとホテルのリッチカードはカルーセル形式で表示されます。
AMPに対応している場合は、レシピと同じようにAMPカルーセルになります。

レストランのリッチカード

レストラン情報を提供するサイトはリッチカードでコンテンツを表示できます。
リッチカードは、そのサイト専用 (host-specific) のカルーセルに掲載されます。

こちらのスクリーンショットでは、レストランのレビューサイトであるEaterとZagatの2つのリッチカードカルーセルが表示されています。

レストランのカルーセル

リッチカードのAMPカルーセル

下のZagatのリッチカードには⚡AMPマークが付いています。
これは、ZagatがAMPに対応していることを示しています。
AMP対応しているページは、AMPキャッシュから高速に返されます。

ZagatのAMPページ

レストランのリッチカードを表示させるにはschema.orgを用いた構造化データの設定が必要です。
仕様の詳細はGoogleのデベロッパーサイトを参照してください。

AMPカルーセルにするには、当然のことながらAMP対応が必須です。

レストランリッチカードはまだ試験的な運用の段階です。
参加するにはフォームからの申請が必要になります。

オンライン講座のリッチカード

オンライン講座 (Online Courses) のリッチカードのサポートもGoogleは開始しました。
インターネットで講座を受講できるサイトが対象になります。

オンライン講座のリッチカードは、レシピやレストランのような画像付きのカルーセルではなく、リスト形式になります。

オンライン講座のリッチカード

どちらかというと質素な見た目で、”リッチ”じゃないですよね。(笑)

オンライン講座のリッチカードにも構造化データの設定が必要です。
仕様の詳細はデベロッパーサイトを参照してください。

なお、オンライン講座のリッチカードに使用することができるschema.orgはまだ正式に公開されていません。
9月に先取りでサポートをGoogleは始めていました。

ホテルのリッチカード

公式アナウンスはありませんが、ホテルのリッチカードもサポートし始めたようです。

宿泊施設を紹介するサイトは、レシピやレストランと同様にそのサイト専用のカルーセルでサイトで取り扱っているホテルを掲載できます。

ホテルのリッチカード

ホテルのリッチカードカルーセルも、AMP対応していればAMPで表示されると思われます。

ホテルのリッチカードも間違いなく構造化データが必要になるはずですが、仕様詳細はデベロッパーサイトにまだ載っていません。
興味がある人は、このページを見て分析してください。

h/t: Ryan Rodden

構造化データ&AMPの価値を拡大

リッチカードによって、構造化データの利用価値が拡大しました。
今のところは米Google (google.com) だけでの提供ですが、レシピサイト・飲食店レビューサイト・宿泊施設予約サイトは日本での導入に注視したい新機能です。
視覚に訴えるビジュアルなカルーセルを、自分のサイト専用で検索結果に表示できます。
schema.orgとJSON-LDをしっかり勉強しておきましょう。

また、リッチカードとAMPをGoogleは連携させてきました。
リッチカードがサポートされるジャンルのウェブサイトでは、モバイルユーザー体験向上のためにAMP対応を積極的に勧めていきたいところです。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › Google、レストラン・オンライン講座・ホテルのリッチカードを専用カルーセルでサポート開始。AMPとの連携も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る