[レベル: 上級]

Googleは、構造化データを解説するデベロッパー向けサイトに「Courses(コース)」のリッチスニペットのセクションを追加しました。

Courses Rich Snippets

Coursesは、教育機関(たとえば大学)の講座やクラスを定義できるschema.orgのボキャブラリです。

講座をリスト形式で表示

こちらはサンプルとして掲載されている、検索結果に表示されたコースのリッチスニペットです。

検索結果に表示されるコースのリッチスニペット

講座がリスト形式で並んでいます。
Androidの講座のようですね。
講座名と簡潔な説明、受講できる学校を表示項目に含めることができるようです。

Coursesは、schema.org未承認のボキャブラリ

実は、Courses はschema.orgでまだ正式に承認されていないボキャブラリです。
現在はまだPending(協議中)のドラフト状態です。

schema.orgでも、本サイトではなくペンディング用のサイトに掲載されています。
http://pending.schema.org/Course

早ければ、次のバージョンのschema.orgで正式に公開される可能性はあります。

正式な承認を受けていないschema.orgをGoogleがサポートするのは極めて珍しいことです。
そのため、実装しているサイトがほとんど存在しないせいか、実際の検索結果ではコースのリッチスニペットを僕は見つけることができませんでした。
どうして先行してサポートをGoogleが始めたのか、不思議です。

いずれにしても、提供する講座の概要をを検索結果で見やすく掲載できるので、大学や専門学校などの教育機関は使ってみたくなりそうです。
英会話や簿記、宅建のような習い事のスクールでも使えるんですかね?

H/T: Dan Brickley

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPセマンティック検索 › Google、Coursesのリッチスニペットを先取りでサポート開始。大学の講座をリスト形式で検索結果に表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る