僕のブログ読者にはおなじみのGoogle、Matt Cutts(マット・カッツ)氏は、www.mattcutts.com/blogというパーソナルブログを運営しています。

今、彼のブログにアクセスするとwww.dullest.com/blogというサイトに転送されます。
転送手段は、302リダイレクトです。

www.mattcutts.com is 302 redirected to www.dullest.com

通常、サイトを移転する時は302リダイレクトではなく301リダイレクトを利用しますが、今回はまた元に戻すので、302リダイレクトを設定しているそうです。

if you were truly moving a site, a 302 redirect wouldn’t be the right redirect to use–a 301 (permanent) redirect would be better. But if I like these changes, I might migrate mattcutts.com to TigerTech and then migrate my blog from dullest.com back to mattcutts.com. So I’ll stick with a 302 for now.

ここまでは、特に問題はありません。

が、どうやらMatt Cutts氏は自らを実験台にして、Googleが302リダイレクトをどのように処理するかテストしているらしいのです。

ブログの一時移転を伝えた記事で、ダニー(Danny Sullivan氏)が、「超極秘のテストを実行しているに違いない」とコメントしたところ、Matt Cutts氏は「自分のブログはぴったりなモルモットだ」と返信しています。

どんなデータを収集しているかは知る由もありませんが、現在302リダイレクトが抱える問題を解消するための将来のアルゴリズムの変更の事例を持っているのだろうと、ダニーはSphinnで述べています。

Why do I suspect some ultra-secret Google we get 302s right test is going on

Danny, my site makes the perfect guinea pig.

301リダイレクトもそうなのですが、不正利用される302リダイレクトへの対応も含まれているのかもしれませんね。

一時移転が終わった後に、Matt Cutts氏から何かコメントがあることを期待します。

最後におまけで、Matt Cutt氏のtwitterでのつぶやきの一部を紹介してしめます。

PageRank isn’t just the # of links; it’s the quality.

“PageRankは単にリンクの数じゃないんだ。質の問題なんだ。”

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google,Matt Cutts、自らを302リダイレクトの実験台に

▲ページの一番上に戻る