先週、Google AdSenseは、新しいプログラム「Interest-based advertising(興味 / 関心に基づく広告)」のベータテスト配信を、北米からスタートしました。
日本での開始時期は未定ですが、年内に範囲を順次拡大していくとのことです。

AdSenseを利用しているサイト管理者は、注意すべき点があるので喚起しておきます。

Inside AdSenseのアナウンス記事、あるいはGoogle AdSenseチームから直接届いているかもしれないメールをよく読んでください。

こちらは僕のところに届いた案内メールの一部引用です。

* この機能への参加、不参加に関しましては、サイト運営者様ご自身がお選びいただくことができます。ユーザーの興味 / 関心に基づく広告掲載を行いたくない場合は、お客様のアカウント管理画面内の広告表示設定のページで、「ユーザーの興味 / 関心に基づく広告掲載を行わない。興味 / 関心のカテゴリの作成にサイトのアクセス情報を使用しません」を選択し、「変更を保存」ボタンで設定を変更してください。これにより、興味 / 関心のカテゴリの収集にサイト運営者様のサイトが利用されなくなり、興味 / 関心に基づく広告 もサイト上に表示されなくなります。

* 本機能をお使いいただく場合は、お客様のサイトのプライバシーポリシーを変更していただく必要があります。プライバシーポリシーの変更の詳細に関しましては、Google AdSenseのプライバシーに関するポリシー
https://www.google.com/adsense/support/bin/answer.py?answer=100557) をご確認いただき、日本時間2009年4月9日までに変更いただきますよう宜しくお願いいたします。また、サイト運営者様のサイトや法律に関しては国によって異なりますので、残念ながら Google からプライバシーポリシーに関しての提案などは致しかねますのでご了承ください。

赤色強調は僕の編集によるもの

2つめのセクションが特に重要です。

去年の2月にGoogle AdSenseは「プライバシーポリシー」に関する規約を変更しました。

「興味 / 関心に基づく広告」の導入に伴って、運営するサイトでの「プライバシーポリシー」に関する説明を変更しなければなりません。

“残念ながら Google からプライバシーポリシーに関しての提案などは致しかねます”とのことですが、サンプルらしきものがヘルプに掲載されています。

Google 広告 Cookie とプライバシーに関するポリシー

「当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。」

「ここをクリックしてください」の「ここ」は、Ads Preferencesのページで、よさそうな気がします(確信はない)。

Opt out(オプト・アウト)してサービスの不使用を設定すると、「興味/関心に基づく広告」に関するCookieを無効にするようです。

When you opt out, Google disables this cookie and no longer associates interest categories with your browser.

WebmaserWorldでは、プライバシーポリシーの変更についてディスカッションが発生しています。

Google AdSense代表のAdSenseAdvisorによれば、このフォーラムでは多くの情報を提供できないから、ここここを読んでほしいとのことです。

日本のAdSenseのヘルプフォーラムでも関連するスレッドが立ち上がっているので、参照してください。
『プライバシーポリシー変更について(興味/関心に基づく広告)』

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle AdSense › Google AdSense より、「興味 / 関心に基づく広告」のご紹介とお願い

▲ページの一番上に戻る