来月にSEO塾主催のSEOセミナーにゲスト講師として、参加することになっています(おかげさまで即日満員御礼で、キャンセル待ちも行列状態です)。

テーマは「White Hat SEO vs.Black Hat SEO」ということで、正しいSEOと不正なSEOについて話します。

不正なSEOをするとペナルティを受けることがあるのですが、不正なSEOにも程度の差があります。

中には、不正でないのに不正だと信じ込んでいるケースもあるようです。

「これはブラックハットだから、やったらペナルティ判定を受けてインデックス削除されてしまう」

慎重になるのは大切ですが、検索エンジンからのアクセスを望むなら、極度に縮こまってしまうのも考え物です。

検索エンジンに好まれないSEOの4つのレベルについて、WebmasterWorldでアドミニストレータのtedster氏が、とても簡潔にまとめているので紹介します。

  • There are practices that do not help, but also do not hurt.
  • There are practices that do help, but only up to a certain point.
  • There are practices that might hurt rankings, but do not cause penalties.
  • There are practices that can cause penalties.
  • 効果をあげることはないけれども、害を与えることもない施策
  • 効果をあげるけれども、ある一定の程度までの施策
  • ランキングを下げるけれども、ペナルティを引き起こさない施策
  • ペナルティの原因となる施策

「好まれないSEO = ペナルティ/インデックス削除」ではないのです。

ペナルティ判定にたどりつくまでには、いくつかのレベルがあることを知っておきましょう。

とは言っても、「不正なSEOを怖がるな」という意味ではなく、「聞くところによると、これをやるとインデックス削除されるらしい」と出所の不明な情報に踊らされることのないように、という意味です。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 検索エンジンに好まれない4つのレベルのブラックハットSEO

Comments

  1. By on

    >ランキングを下げるけれども、ペナルティを引き起こさない施策

    「ランキングを下げる」という意味の取り方にもよると思いますが、その施策によりランキングが下げられるのであれば、それはペナルティに当たるのでは?と思ってしまいます。

    「効果がないけれども、ペナルティを引き起こさない施策」なら納得がいくのですが、これだと1番目と同じですよね。

    また、「効果をあげるけれども、ある一定の程度までの施策」がなぜ検索エンジンに好まれないのかも良く分かりません。

    tedster氏の言いたい事はなんとなく分かるのですが、”検索エンジンに好まれない施策”という点と”4つのレベル”という点が引っかかってしまいました。

    何か細かくてすみません。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    まず、「検索エンジンに好まれない」は、僕なりの意訳なのでtedsterの言いたいこととニュアンスが違っているかもしれません。
    tedsterが言いたいのは、「ペナルティかペナルティでないかの2つにきっちりと明確に分けることはできない」ということです。

    「ランキングを下げる」という意味の取り方にもよると思いますが、その施策によりランキングが下げられるのであれば、それはペナルティに当たるのでは?と思ってしまいます。

    順位低下の程度かもしれませんね。
    1つとか2つとか。
    ペナルティというと大幅な順位下落の感じがします。

    「効果をあげるけれども、ある一定の程度までの施策」

    同じサイトからリンクをもらう場合を考えてください。
    1本、2本、3本は効果があるでしょう。
    100本、200本、300本だったら?

    【注意】
    僕なりの理解なので、違っているかもしれません。
    気になる部分は、tedsterに直接聞いてください。w

  2. By STO on

    >「聞くところによると、これをやるとインデックス削除されるらしい」と出所の不明な情報に踊らされる

     SEO関連は特にそうですが、WEB業界にはこういった人間が非常に多くて困ると思っていました、
    しかも基本的に根拠が無いので、反論や説得や論破が困難なのが通常です、こういう風潮はなんとかなりませんかね。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    僕も人のことは言えないので、情報発信には念を入れなければなりません。
    情報を提供される側としても、信頼性を吟味できる力を身につけなければなりませんね。

▲ページの一番上に戻る