[対象: 中〜上級]

Googleは、ウェブマスターツールの Fetch as Google にレンダリングを確認する機能を実装しました。
Googlebotが、どのようにそのページを実際に表示しているかを調べることができます。

[公式アナウンス] Rendering pages with Fetch as Google

ページの表示とJSやCSS、画像などのブロックをレンダリングリクエストでチェック

Fetch as Googleに「取得して レンダリング」というボタンが追加されています。

取得して レンダリング ボタン

このボタンをクリックしてレンダリング リクエストを実行すると、Googlebotが見るウェブページの姿が画像として表示されます。
そして、JavaScriptやCSS、画像などのリソースがたとえばrobots.txtでブロックされていたりアクセスエラーを起こしていたりして、Googlebotが取得できないときはその状況をレポートします。

正常なレンダリングに失敗

下のキャプチャでは、Googlebotがリソースにアクセスできないため僕たちがブラウザで見るようにはレンダリングできていないことがわかります。

レンダリングに失敗

robots.txtでブロックされているので、CSSを読み込めずレイアウトが崩れているし画像を表示できていません。

正常なレンダリングに成功

ブロックを解除すると、Googlebotも僕たちのように正しくレンダリングできました。

レンダリングに成功

取得できなかったリソースが依然として残っていますが、Adsenseやソーシャルボタンなどの外部サイトのリソースです。
外部サイトであってもGooglebotがアクセスできなかったものはレポートに出てきます。

正常なレンダリングに関係がなければ、基本的には無視してかまいません。

スマートフォンからのレンダリングもチェック可能

スマートフォン版Googlebotによるレンダリングもチェックできます。

スマートフォンでのレンダリング

モバイル向けサイトを運用しているなら、そちらもGooglebotが正しくレンダリングできているかを必ず確認しておきましょう。

JavaScript診断ツール

JavaScriptの理解力を向上させていることに伴い、JavaScript診断ツールを提供予定であることをGoogleは通知していました。

Fetch as Googleのレンダリングリクエストがこの診断ツールに相当します。

僕が予想していたのとはちょっと違っていました。
「JavaScriptを正しく実行できるかどうか」、「エラーがあればどこに原因がありそうなのか」を検証してくれるのかと思っていたのですが、単純にJavaScriptを取得できているかどうかだけのチェックですね。

レンダリングに関係しないJavaScriptがうまく機能しているかいないかを知ることはできません。

それでも、有用なツールとして利用できそうです。

今のGooglebotは、HTMLのコードを読むだけではありません。
そのページがどのように表示されるかまで理解できています。

ページレイアウトアルゴリズムもレンダリング状態がわかっていないと機能しないでしょう。

レンダリング取得機能が加わったFetch as Googleは、SEOに一層重宝するツールになりました。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPGoogle Search Console › ウェブマスターツールのFetch as Googleでレンダリング診断: 画面表示とJavaScriptやCSS、画像の取得状態をチェック

Comments

  1. By さとみ on

    「Fetch as Google」というとインデックスを促すためにリクエストを出すという
    イメージを持っていたのですが、根本的に機能が置き換わったということですか?

    本日、ウェブマスタツールを見ていたらクローラーリクエストが消えていて、代わりに、このレンダリング診断が表示されていたので驚きました。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    「置き換え」ではなく「追加」です。
    これまでのFetch as Googleは「取得」ボタンで実行できます。
    記事をきちんと読んで(見て)もらえばわかるようにボタンが2つついています。
    “「取得して レンダリング」というボタンが追加されています。”と説明しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る