Core Web VitalsがGoogle検索のランキング要因に、2021年以降の導入を予定

[レベル: 中級]

Core Web Vitals(コア ウェブ バイタル)を、検索のランキング要因に組み込むことを Google はアナウンスしました。

Core Web Vitals とは

ウェブページにおけるユーザー体験の向上を目指して Web Vitals というコンセプトを Google は先日導入しました。
具体的には次の 3 つのユーザー体験の健全性を対象とします。

  • ページの表示速度
  • ユーザー操作への反応性
  • 視覚要素の安定性

Web Vitals を数値化するために特に重要な指標として次の 3 つを設定しました。

  • Largest Contentful Paint (LCP)
  • First Input Delay (FID)
  • Cumulative Layout Shift (CLS)

3 つの指標をまとめて Core Web Vitals と呼びます(それぞれがどんな指標なのかは Web Vitals 導入を解説した記事で説明)。

この Core Web Vitals がランキング要因になります。

ランキング要因としてのユーザー体験

Google 検索のランキング要因と言えば、関連性やコンテンツ品質が重要です。
加えて近年は、ユーザー体験の要素をランキング要因として Google は用いるようになってきました。

ランキング要因として Google が現在利用しているユーザー体験に関係する主なシグナルには次のようなものがあります。

ここに Core Web Vitals が加わります。

Core Web Vitals がランキング要因になるのは来年以降

今すぐに、Core Web Vitals がランキング要因に組み込まれるわけではありません。
年内の導入はありません。
つまり、2021 年以降になります。

導入の少なくとも 6 か月前には事前アナウンスするとのことです。

したがって、今すぐに何らかのアクションを起こす必要はありません。
アナウンス時に、対応するために必要なことにも言及してくれるはずです。

Core Web Vitals 最適化のためのツール

今すぐにアクションを起こす必要はないのですが、Core Web Vitals の改善に今から取り組むのはもちろん間違ってはいません。
ランキング要因であろうがなかろうが、ユーザー体験を向上させる取り組みは大切です。

Core Web Vitals の最適化を支援するツールを Google は提供しています。

次のツールを利用できます。

  • PageSpeed Insights
  • Chrome ユーザーエクスペリエンス (CrUX) レポート
  • Search Console
  • Chrome デベロッパー ツール
  • Lighthouse
  • Web Vitals 拡張

Search Console の「ウェブに関する主な指標」レポートは昨日の記事で紹介しましたね。

ウェブに関する主な指標

PageSpeed Insights でも Core Web Vitals を測定できるようになっています。
Core Web Vitals の指標である LCP/FID/CLS の測定結果をレポートしています。

PageSpeed Insights で Core Web Vitals を総苦丁

Core Web Vitals を測定する各ツールの詳細は web.dev サイトが解説しています。
自分に合ったツールを手にして Core Web Vitals の最適化に着手するといいでしょう。

トップニュース掲載の要件から AMP が外れる

Core Web Vitals を検索ランキング要因に組み込むことに伴って、モバイル検索のトップニュース掲載の要件から AMP 対応が外れます。

現在は、AMP 対応しているページだけがトップニュース枠に掲載されていました(新柄コロナウイルス関連のニュース除く)。
しかし、AMP 対応していなくても Core Web Vitals やそのほかの要因を組み合わせてトップニュース掲載が決まります。

AMP 対応していなくてもトップニュースに掲載される可能性が出てきたのはコンテンツ発行者にとっては良い変更ですね。

AMP ページは AMP ページとして掲載され続けます。
何らかの対応は不要です。

ただし、コンテンツ ポリシーに準拠したページがトップニュース掲載の対象になる条件は従来と同じです。

Core Web Vitals はウェブの世界に大きな変革を及ぼしそうな予感がします。
Google お得意のゴリ押しにも思えますが(笑)、ユーザー体験向上に役立つのであれば悪いことではありません。

Core Web Vitals の最適化にさっそく取り組むのならこちらの技術ドキュメントが役に立ちます。