今のGoogleで上位表示を獲得するのは、ハッキリ言ってしまえば、とにかく被リンク勝負です。
いかに質の高いリンクを多く集めるかで、ランキングが大きく左右されます。

でも、バックリンク勝負の時代が終わって、コンテンツ勝負の時代が訪れるかもしれません。

Google Groupsで、ある観測結果に基づいて次のようなコメントを残したメンバーがいます。

I’m not sure if Google uses links anymore to determine relevancy…

“グーグルは、関連性を決定付けるのにもはやリンクを使うと思えない”

「ある観測結果」とは、Googleが言葉の関連性をより正確に判断できるようになっているという発見です。

具体的に言うと、派生語や同意語の識別です。

派生語とは、たとえば、「swim(泳ぐ)」という動詞の活用形、「swims,swimming,swimmer」などです。

Googleでは、「swim」が含まれたキーワードで検索しても、「swims,swimming,swimmer」も検索対象として認識されます。
そして、検索結果でも太文字表示されます。

これは、「swim」と「swims,swimming,swimmer」が密接に関連していて、「意味的」に非常に近いと分かっているからですね。

「意味的」にというのを、学術用語で「Semantic(セマンティック)」といいます。

Googleは、このセマンティック能力を向上させているようです。

「swims,swimming,swimmer」は、簡単な活用系ですが、複雑な活用形も識別できています。

たとえば、「accredit(?だとみなす、?に信用状を与える)」という動詞の名詞形「accreditation」が、「accredit」や過去形の「accredited」で検索しても、検索対象に含められるし、太文字表示されます。

コンテンツに、「accredit,accredited」という単語がまったく含まれず、バックリンクのアンカーテキストとして使われていないとしても、です。

日本語で動詞の活用形の識別はなかなか難しそうですが、固有名詞レベルでのセマンティック能力の高さはあがってきているようです。

たとえば、「ファミマ」で検索すると、「ファミリーマート」が太文字表示されます。
※ちょっと分かりづらくてスミマセン

ファミマとファミリーマートは同じ

マック PC」で検索すると、「Mac」が太文字表示されます。

マックとMacは同じ

「ファミマ」が「ファミリーマート」の短縮形であり、「マック」は「Mac」と同意語であると認識している証拠ですね。

Google社員のJohnMu氏は、パーソナライズ機能も働いているかもしれないとコメントしています。

しかし、Googleはこれまでに蓄積しきた膨大な量のデータを、高度な技術で処理して、包括的な辞書を編纂していることでしょう。

被リンクが役に立たなくなるというのは言い過ぎにしても、関連した用語をたくさん使った表現力豊かなコンテンツがますます重要になってくるのは、間違いありません。

バックリンク集めにいそしむよりも、コンテンツの見直しを図ったほうがよいかもよ。w

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › コンテンツは被リンクに勝る

Comments

  1. By on

    一昔前、
    誤字を狙って検索の上位を狙うといったテクニックがありましたよね。

    細木和子 と 細木数子 とか

    でも今は誤字を入力しても

    「○○ではありませんか?」

    と表示されたりしますから、
    ここでも言葉の関連性が応用されているんでしょうね。

    それにしても気が遠くなるようなデータ量だろうなぁ・・・

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    ここでも言葉の関連性が応用されているんでしょうね。

    おそらくそうでしょう。

    それにしても気が遠くなるようなデータ量だろうなぁ・・・

    大量のコンピュータを保有しているからこそですね。w

  2. By on

    いわゆる「共起率」の考え方が主流になってくるってことですかね?
    ともあれ、良質なコンテンツが生き残っていくのはいいことです!

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    「共起率」は、同時に用いられるから関連性があると、サーチエンジンが判断する材料ですね。
    「President」と「White House」のように。

    共起率を意識してまで記事を書く必要まではないと思いますが、関連した語句を使って書くのは読み手にとっても良いことだと思います。

  3. By on

    coolwebです。
    最近特に、更新頻度が高く、1ページあたりのコンテンツ量が多い(必然的に「共起率」も高くなる傾向にある)ページが上位表示されやすい傾向にあるように思います。

    結論、
    同意!

    PS
    ブログサーチ等の被リンク効果も大きいようです。

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    上位表示されるのは、検索数の多いキーワードですか?
    だとしたら関連用語を組み込むのは重要になってきそうですね。

  4. By on

    いつも貴サイト・メルマガ拝見しています。

    拙ブログも、実際「○○ news」でのGoogle検索ページより「○○ ニュース」のキーワードページにアクセスがあります。

    セマンティックサーチは今後重要となってくるでしょうね。
    http://jp.techcrunch.com/archives/20080425is-keyword-search-about-to-hit-its-breaking-point/

    ところで、鈴木さんは Seesaaのdescriptionに記事タイトルを入れ込む解説ページなどはご存じないでしょうか?

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    TechChurchの記事は参考になりました。
    ありがとうございます。

    Seesaaのdescriptionに記事タイトルを入れ込む解説ページ

    残念ながら知りません。
    Descriptionというのは、MetaタグのDescriptionのことですか?
    もしそうなら、HTMLテンプレートの Meta Descriptionの値に、記事タイトルを表す変数を入れれば、できるはずですよ。
    こんな感じかな。

    <meta name="description" content="<% if:extra_title %><% extra_title %><% /if %>">

    ↑、記事タイトルだけが入ります。

  5. By on

    鈴木さん
    ありがとうございました。
    ヒントを参考に色々調べてみましたらうまくできました。
    こうするとTOP・articleでDescriptionの表示を変えられました。
    <meta name=”description” content=”” />
    (nl2br tag_strip は元からあった物で表示的には意味は無いとは思います。)
    通常の発想ですとが必要?と思うのですが要らないみたいですね。
    実はWEB制作が本業でして、某ブログSNSで初心者向けアフィリエイト教室をやっております。生徒さんの中にも鈴木さんのブログを通読している方がおられます。難しいと言ってますが(^_^)
    これからも時々コメントさせていただきます。

  6. By on

    消えてしまいました、、。
    今度は2バイトなので大丈夫かな?
    <meta name=”description” content=”<% if:extra_title %><% extra_title %><% else %><% blog.description | nl2br | tag_strip %><% /if %>” />

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    「<」は「&lt;」、「>」は「&gt;」と記述しないと、タグとして認識されて表示されなくなります。w

    思いどおりにカスタマイズできてよかったです。
    生徒さんにも教えられますね。

▲ページの一番上に戻る