特定のキーワードだけを意識して、キーワード出現率にこだわってもSEO効果は得られない、という記事を1つ前に書きました。

では、SEOを意識した記事はどのように書くといいのでしょうか。

一言で言えば、「関連用語」との組み合わせです。
【UPDATE】関連語もそうですが、一緒によく使われる言葉、「共起語」も重要な要素になっていそうです。

「LSI(Latent Semantic Index)」と呼ぶ、SEOウェブマスターもいます。
【UPDATE】LSIという技術をGoogleは使っていません。

GoogleもYahoo!も(おそらくMicrosoftも)、単一のキーワードの存在だけで、ウェブページが何について書かれてるか判断しているわけでは、なさそうです。

検索順位にしても、ひとつの語句だけではなく関連する語句も含めて、評価していると考えられます。

Googleは、単語・語句同士のつながり、関連性を取得するためのパテント(特許)をいくつも取得しています。

たとえば、「President of the United States」と「white house」は、1つのウェブページの中で同時に出現する確立がかなり高いフレーズです。
関連性の高い語句ですよね。

僕たち人間にとっては、「米大統領」と「ホワイトハウス」が関係のある言葉だというのは、瞬時に理解できます。
(5歳児には、まだ分からないかもしれませんがw)

しかし、サーチエンジン(コンピュータ)には、そうたやすいことではないでしょう。
高度な技術が必要になるはずです。
特許には、どのくらいの頻度や近接度で、複数の語句が用いられるかのデータを取得して、関連性を判断するかという仕組みも書かれています。

また、Yahoo!も似たようなパテントを、最近取得しました。

こちらは、ウェブページ中で同時に出現する語句だけではなく、同時に検索で使われる語句、検索し直すときに使われる語句のデータからも、関連性を判断します。

「マクドナルド バイト」で検索した直後に、「ロッテリア バイト」で検索するパターンが多ければ、「マクドナルド」と「ロッテリア」が互いに関連性のある語句だと認識するのでしょう。

ここまでの内容を踏まえて、SEOを意識した記事をどう書けばいいのか、サンプルを挙げてみます。

まず、ダメダメなサンプルからです。

このサイトは、パスタの総合情報サイトです。
パスタと一口に言っても、いろいろな種類のパスタがありますが、ここでは、パスタに関するありとあらゆる情報がそろっています。
あなたがパスタに興味があるなら、役に立つこと間違いなし。
今なら、人気のパスタが割引価格で手に入ります。
ちょっと風変わりなパスタも紹介しています。
パスタに関する質問にもお答えします。
パスタ、パスタ、パスタ・・・。

ターゲットのキーワードは、赤の太文字で装飾した「パスタ」です。

ペナルティの対象になる「キーワードスタッフィング(キーワードの詰め込み)」とまではいきませんが、「パスタ」を別の言葉、たとえば「サンダル」に変えても、意味が通じます。(笑)

LSI関連用語を考慮に入れて、パスタに関連する語句も使ったサンプルがこれです。

私は、パスタが大好き。
ピザとかリゾットとか、イタリアン全般が好きなんだけど、やっぱりパスタがいちばんよね。
特にお気に入りなのは、カルボナーラペペロンチーノかな。
週末はイタリア料理レシピ本を見て、キッチンにこもってるわ。
が少し残ってるアルデンテは、茹で方の基本よね。
食品棚には、マカロニリングイネフェットチーネとか、いろんな種類のパスタの他に、トマト缶チーズアンチョビバジルなんかの食材が常にストックしてあるの。
もちろん、オリーブオイルにもこだわってるわ。
コールドプレス製法で作ったRosmarino社の最高級オリーブオイルを使ってるのよ。
手製トマトソースを、たっぷりかけた私の特製手作りスパゲッティは、そこらへんのレストランには負けないくらいおいしいんだから。
料理してるときは、ホント幸せ。
でも、唯一の悩みは、パスタ高炭水化物食品だってこと。
炭水化物の取りすぎは、ダイエットの敵だものね。

↑、作り話ですが、パスタが好きなのは本当です。(笑)

「パスタ」に関連するキーワードは、紫色の太文字で装飾しています。

ダメダメなサンプルと比べて、メインキーワードの「パスタ」の出現回数・出現頻度は少ないものの、関連するキーワードが、ふんだんに盛り込まれています。

どちらがより「パスタ」に関係した文章かは、いうまでもないでしょう。

GoogleやYahoo!が取得した特許はあくまでも特許で、すべてが実装されているわけではありません。
しかし、最近の状況を見ていると、LSIこれらの技術が取り入れられているという推測は間違ってはいなさそうです。
少なくとも、Googleにおいては関連する語句を組み込んだライティングは、必須です。

同じ言葉の羅列は、SEO効果どころか、読み手にとってもウザい文章になります。

サーチエンジンだけではなく、訪問者にとっても、関係性のある語句を盛り込んだキーワードリッチな文章は役に立つものです。

キーワード出現率にこだわる一昔も二昔も前の時代遅れの、Old-Fashin SEOはいい加減捨てたほうがよろしいのでは?

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › SEOを意識した記事は、こう書く

Comments

  1. By on

    いい内容ですね。
    これで、金が儲かれば…………………

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***
    SEOでアクセスを集めた後は、コンバージョンですね。

  2. By on

    うーん、素晴らしい記事ですね。
    テキスト量が限られていると、どうしても詰め込み型にしてしまうので気をつけます。

    LSIと順位の関連性のデータがあれば大幅にガラリと変えれるんですが、商用サイトだと急激な順位下落が一番怖い為なかなか踏み込めません。
    別の実験サイトで実験してみようかなー

    貴重な情報ありがとうございました!

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    別の実験サイトで実験してみようかなー

    自分で検証したSEOがいちばん信頼できます。
    発見があったら教えてください。(笑)

▲ページの一番上に戻る