Google SEO

YMYLサイトのためのE-A-T攻略法 from #PubCon Las Vegas 2019

PubCon Las Vegas 2019 で参加したセッションのレポート。テーマは E-A-T。特に YMYL 分野のサイトで E-A-T を高めるための施策に役立つだろう。

Googleにとって必要な構造化データはどれ? 技術ドキュメントに載っているプロパティだけで十分なのか?

構造化データを利用するときは、デベロッパーサイトのドキュメントに書かれているとおりのプロパティだけを記述したほうがいいのか? それとも schema.org で定義されているプロパティを追加してもいいのか?Google の回答は?

検索結果のプレビュー制御する新しいrobots metaタグの導入をGoogleが数日後に開始

検索結果のプレビューを制御するための新しい robots meta タグを Google は先月末に発表した。数日後に導入を開始するとのこと。グローバルで展開が始まり、展開完了までには来週いっぱいかかる。

E-A-TスコアもYMYLスコアもGoogle検索には存在しない、コアアルゴリズムはベイビーアルゴリズムの集合体 #PubCon

E-A-T スコアや YMYL スコアというような指標を Google は内部的に持っていない。E-A-T や YMYL というのは、アルゴリズムをわかりやすく概念化したもの。

Googlebotのユーザーエージェントが今年12月に変更、ChromeのアップデートにあわせてUA文字列も更新

Googlebot のユーザーエージェントの文字列を変更することを Google は告知した。今年の 12 月に変更を実施する予定。

【Google社員に確認】nofollowがヒントになったからといってスパムには悪用できない

この記事では、rel=”nofollow” が命令からヒントとしての扱いに変わった件に関する追加情報を取り上げる。nofollow リンクスパムに対して Google は備えている。また、nofollow のヒント化は内部リンクのみに適用される。

Google、検索結果のスニペットを制御するための新しいrobots metaタグとHTML属性を導入

検索結果に表示されるスニペットをより細かく制御する仕組みを提供することを Google は発表した。専用の robots meta タグおよび HTML 属性の 2 とおりの方法を利用できる。

【September 2019 Core Update】Google、今年3回目のコアアップデートを実施

Googleは、2019 年 9 月 24 日に今年 3 回目となるコア アルゴリズムのアップデートを実施した。展開が完了するまでには数日かかる見込み。

自社ビジネスに対する自己レビューのリッチリザルトを今後は表示しない、Googleが条件を変更

レビューのリッチリザルトの条件を Google は変更した。具体的には、レビューリッチリザルトの対象を限定した。加えて、自社に対するレビューをリッチリザルトの対象から除外した。

Google、オリジナルのコンテンツが長い期間、上位表示するようにアルゴリズムを更新

オリジナルのコンテンツをより上位に、より長い期間、検索結果に表示するように Google は検索アルゴリズムを更新した。あわせて、評価ガイドラインも更新された。