Google SEO

Google、新しさが重要なクエリにはより最新の強調スニペットを表示するアルゴリズム更新を実施

「新しさ」が重要なクエリに対してはより最新のコンテンツを検索結果に表示するアルゴリズム更新を Google は今年 2 月に実行していた。主に、強調スニペットの生成に影響する。

Googleコアアップデートについてサイト管理者が知っておくべきこと

コア アルゴリズムのアップデートに関して、Google 検索のリエゾンとして活動しているダニー・サリヴァン氏がウェブマスター向け公式ブログで詳しく解説した。

低品質コンテンツに対する3つの対処法、Googleランキングチームの推奨は改善

低品質なコンテンツがサイトに存在した場合、最も理想的な対策は改善だ。改善が難しいときには、削除あるいは noindex という方法も選択肢としてはありえる。

JavaScript SEOの基本を解説するドキュメントをGoogleが公開

JavaScript を多用するウェブサイトの SEO のために必要な基本知識を解説するドキュメントを Google はデベロッパーサイトで公開した。

Googleジョン・ミューラーによるMnSearch Summit 2019でのオフィスアワーまとめ #mnsummit

この記事では、6 月に米セントポールで参加した MnSearch Summit 2019 でのジョン・ミューラー氏とのオフィスアワーをレポートする。ミューラー氏は、会場から遠く離れたチューリッヒからオンラインで、Google 検索に関する最新情報を解説してくれた。

Google検索に求められる3要素――関連性・品質・信頼性

検索結果をより関連性が高く使いやすいものにするために、どのように取り組んでいるかを Google は公式ブログで説明した。オーガニック検索に関して言えば、「信頼性」に重きを置くようになったとあらためて感じられる言及がある。

URLを正規化するためにGoogleは複数のシグナルを利用する

URL を正規化する際にさまざまなシグナル(要因)を Google は用いる。想定した URL でインデックスさせるためには、そうした要素に利用される URL をそろえておくことが大切。

ダイナミックレンダリングは一時的な回避策、最終的にはSSRの実装を

Dynamic Rendering(ダイナミック レンダリング)は、JavaScript で生成されるコンテンツを確実にインデックスさせるために利用できる仕組みだ。しかし一時的な回避策としてみなしたほうがいいだろう。数年後には必要性が薄れているかもしれない。最終的には、Server-side Rendering(サーバー サイド レンダリング)の実装が望まれる。

robots.txtの5xxエラーは30日を境にクロールの処理が変わる

REP のインターネット標準化に伴い、Google が公開している robots.txt の技術ドキュメントに更新し、500 番台のエラーを返すときの処理が変わった――30 日まではクロールしないが、30日を超えるとクロールを再開することもある。

robots.txtでのnoindexをGoogleが完全にサポート終了、2019年9月1日から

robots.txt の noindex 構文のサポートを終了することを Google は告知した。REP のインターネット標準化にともなう決定だ。