最新のJavaScript技術を使ったウェブサイトを検索向けにする方法 #ChromeDevSummit

11 月 12 〜 13 日に米サンフランシスコで開催された Chrome Dev Summit 2018 に参加した際のセッションをレポートする。セッションテーマは、JavaScript を多用したサイトを検索で発見されやすくするためのベストプラクティスと注意点。セッションスピーカーは、Google チューリッヒのマーティン・スプリット氏と Google シドニーのトム・グリーンアウェイ氏。

Googleリッチリザルト テストツールがコードスニペットによる検証をサポート。JavaScriptのレンダリング確認にも使える

リッチリザルト テストツールで、コードスニペットによる検証が可能になる。現状では、URL を入力し公開されているウェブページの検証だけに対応している。、JavaScript を多用したサイトにとって役立つ使い道がリッチリザルト テストツールにはある。それは、レンダリングの検証だ。

ローカルSEOを制するものは音声検索SEOを制する #BrightonSEO

この記事では、英ブライトンで先月末に参加した BrightonSEO 2018 September の音声検索 SEO がテーマのセッションをレポートする。セッションスピーカーは、ローカル SEO のエキスパート、グレッグ・ジフォード氏。ジフォード氏は、ローカル検索の最適化こそが音声検索の最適化につながると考えている。

SEOの未来は検索結果の中にある #BrightonSEO

この記事では、英ブライトンで先月末に参加した BrightonSEO 2018 September のキーノートスピーチをレポートする。スピーカーは、SparkToro の CEO、ランド・フィッシュキン氏。
Fishkin 氏は、将来の SEO に勝利するためのヒントは “検索結果の中” にあると考えている。検索結果の中にある SEO とは一体どういったものなのだろうか?

EUやAISAなど未定義の地域コードのhreflangをGoogleはサポートしてないことが判明 #GoogleDanceSingapore

hreflang で指定する地域コードとして定義されていないはずの EU を Google が認識しているようだという調査結果を先日紹介した。しかしながら、これは正しくなかった。Google は定義されていない地域コードをやはりサポートしていない。Google Dance Singapore でゲイリーと一緒に調査した。

▲ページの一番上に戻る