[レベル: 中級]

この記事では、最近見つかった AMP のちょっとした変更(テスト含む)を3つ紹介します。

ドメイン名を「ソース」として表示

多くの場合 AMPは、オリジナルの URL ではなく、キャッシュの URL から返されます。
そのため、実際にはどのサイトを表示しているのかが不明瞭です。

そこで、オリジナルのコンテンツがあるページのドメイン名を Google は表示するようにしていました。
このドメイン名の前に「ソース」という見出しが今は付くようになっています。

「ソース」でオリジナルのドメイン名を表示

ちなみに、英語では「From」(〜から)になっています。

「From」でオリジナルのドメイン名を表示

日本語の「ソース」は、一般ユーザーにはわかりづらい用語のような気が、個人的にはします。
「ソース」に比べて英語の From はずっとわかりやすいのではないでしょうか。

ラベル追加に僕が気付いたのは数日前です。
最近の変更だと思うのですが、もし、もうかなり前からであればご指摘ください。

濃いAMPラベル

AMP 対応したページが検索結果に表示される場合は、AMPのラベルとマーク⚡が付きます。

色は薄いグレーでしたが、もっと濃い色のバージョンをテストしているようです。

濃い色のAMPラベル

濃い色のAMPラベル

今のものよりもコントラストが効いているので、ずっと目立ちますね。
AMP が何なのかを認識している一般ユーザーが多いとは思えず、認知度を上げることに役立つかもしれません。

自分の目で僕は確認できていないのですが、もし濃い色のAMPラベル・マークのテストに出会ったらスクリーンショットをご提供いただけると嬉しいです。

[H/T] Aleyda Solis

Google アプリのフィードが AMP をサポート

Google アプリのフィードに記事が掲載される場合、その記事が AMP 対応していれば AMP ページへ誘導するようになりました。
AMP 対応記事には、AMPのマーク⚡ とラベルが付きます。

フィードのAMP

高速な AMP ページをフィードからも表示できるのはいいですね。

こちらも僕は自分で確認できていません(そもそも、最近はフィードに記事が表示されなくなった)。
見かけたら教えてください。

【UPDATE】
読者の方からいただきました。Bokunet さん、ありがとうございます!

日本語でのフィードのAMP

日本語でのフィードのAMP

※僕の記事に AMP マークが付いていませんが、コードにミスがあって有効な AMP HTML ではありませんでした(汗。今は直ってます。

[H/T] 9to5Google

amp-bind のような華々しい改良が続く AMP です。
一方で、この記事で紹介したようなちょっとした改善も絶えず行われています。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › AMPの最近の小さな改良3つ(テスト含む)

Comments

  1. By Bokunet on

    >Google アプリのフィードが AMP をサポート
    自分の端末環境で見れたので報告を。

    Google Driveでスクリーンショットを共有いたします。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    提供ありがとうございます。
    記事に反映させていただきました。
    感謝です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る