ダイナミックGoogleの動的URLと静的URLの取り扱いについて、連日記事を投稿しました。

「はてぶ」では、たくさんのブックマークをいただき、驚いています。

ただ僕の舌足らずな表現と、知識不足の点があって、ミスリードを生んでしまっているようです。

2つめの記事で補足したように、「静的URL」がダメなわけではありません。
また、「動的URL」が有利というわけでもありません。

URLとコンテンツが1対1の対応になっていて、重複コンテンツを無駄に発生させなければ静的URLでも問題ありません。

とはいえ、今後はわざわざ静的URLに書き換えなくても、Google側で動的URLをきちんと処理してくれるので、そのままでも大丈夫です。

こちらの解説も必ず読んでください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › グーグルの動的URLと静的URLについて

Comments

  1. By on

    結局結論としては
    「重複サイト化に気を使いつつ
     Yahooが後追いで対応するまでは、静的書き換えを徹底」
    で、日本国内での対応なのでしょうかね?

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    Yahoo!のことを考えると、静的URLが無難ですね。
    どこまで後追いできるかも不確定ですからね。

▲ページの一番上に戻る