Googleが、動的URLはそのままで静的URLに変換するべきではないと、新たな指針を発表したことを、昨日お伝えしました。

公式ブログ記事を読むと「動的URLの方が好ましく、静的URLは使うべきではない」とも解釈できるため、与えたインパクトは大きく、さまざまな疑問、憶測、混乱が発生しています。

ウェブマスターたちの反応に対して、GoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏が、Sphinnでコメントを残しました。

…in my opinion what this post says is “We do a solid job on sites with dynamic parameters, and lots of people make mistakes when they try to rewrite their urls to look static, so you might want to try the dynamic parameter route because that can work quite well.”
In essence, it’s Google saying “We’ll come to webmasters and the natural way to write dynamic parameters rather than asking you to rewrite everything as static if you don’t want to.” So we’re trying to come closer to webmasters, not wanting webmasters to necessarily move toward us. If you already have a site and it’s doing well the way that it currently is–great. In that case, you probably don’t need to change anything. But if you’re starting a new site, it’s worth considering staying with dynamic parameters instead of doing large amounts of rewrites (which some webmasters do in unusual ways that don’t always work well in search engines). That’s my take, at least.
It’s not like either choice would get you penalized in Google; all of this is just advice to give more information to webmasters when they’re making their choice of site architecture.

要点をまとめます。

すでに動的URLを静的URLに置き換える仕組みができ上がっていて、その仕組みがうまく機能しているなら、何も変更せずにそのまま運用を続けて構いません。

しかし、今後新しいサイトを作成するときには、わざわざ動的URLを静的URLに書き換えるようなシステムを利用する必要はありません。

「Googleに確実にインデックスされるように、これまではウェブマスターが手間をかけて動的URLを静的URLに変換していたけれど(しかも、しばしば不適切に)、これからはそんな面倒なことをしなくてもGoogleは動的URLのままでも、見ることができるようになったんですよ。だから面倒な(余計な)ことはしなくていいですよ。」と、いうことです。

Matt Cutts氏の補足は、公式ではなく個人的な発言ですが、そのとおりなのでしょう。

どちらかを選んだからといって、ペナルティを受けることもありません。

「静的URLに書き換えるか」、「動的URLのままにしておくか」は、あなたが運営するサイトの構造にあわせて選択してください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 動的URLか静的URLか、それが問題だ

Comments

  1. By on

    日本人向けである限り絶対にyahooを捨てる事はできないですし、URLの分かりやすさから今後も静的を維持する方が多いんでしょうかね。

    P.S.
    昨日の記事のはてブ数140って個人SEOブログでは初めて見た気がします。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    「分かりやすさ」「覚えやすさ」と考慮したら、書き換えたほうがユーザーフレンドリーなのは、そのとおりだと思います。

    昨日の記事のはてブ数140

    ツッコミもあったりして、まだまだ勉強不足だと感じました。
    読んでくれる人が多いのは嬉しいけど、情報の正確さには注意しないといけませんね。

  2. By on

    SEOブログ?パシフィカスさんが書かれている通り、
    URLの分かりやすさ、インデックスの安心感などの理由から今後も静的を維持する方が多いでしょうね。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    そうですね。
    確実に書き換えができるシステムを持っているなら、静的でも問題ないようです。

  3. By on

    SEO初心者です。

    根本的に気になる部分があるのですが、
    Googleが発表していることって全てが本当なのでしょうか?
    SEO対策って検索エンジンのシステムからしたら望ましいものではありませんよね?

    Googleがこう言ったから、みんな同じ方向を向くのって怖い気がします。
    正しい情報って、結局は自分で検証して得ていくのがベストかもしれませんね。
    って、初心者なのに、偉そうな発言をしてごめんなさい…。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***

    Googleが発表していることって全てが本当なのでしょうか?

    ウソは言っていないでしょうが、実際とは異なることはあります。

    SEO対策って検索エンジンのシステムからしたら望ましいものではありませんよね?

    Googleは、SEOに反対はしていません。
    ユーザーにとって有益な情報を提供できて、ガイドラインに違反しないSEOは容認しています。
    そのため、ウェブマスターに対して情報を公開したり、ツールを無償で提供したりしています。

    正しい情報って、結局は自分で検証して得ていくのがベストかもしれませんね。

    まったくもってそのとおりです。
    自分の目で確かめたSEOに勝るものはありません。

▲ページの一番上に戻る