はてなブックマークに追加

GoogleGoogleウェブマスターツールで「インスタントプレビュー」の見え方を確認することができるようになりました。

公式アナウンスでは、“in English only for now”(今のところ英語のみ)となっていますが、日本語インターフェイスがすでにできあがっています。

試験的に提供された機能で「Labs」の中にあります。
確認したいページのURLを入力して「比較」ボタンをクリックすると結果を見ることができます。


インスタントプレビュー確認機能

左がGoogle Chromeでの表示、右がインスタントプレビューのレンダラー(表示機能)での表示です。

FlashやSilverlightの表示にはまだ対応していません(本当のインスタントプレビューはFlashに対応している)。

実験的に始まったばかりのせいか、お世辞にも性能は高いとは言えません。

下のキャプチャはブログのトップページの比較です。


ホームページのインスタントプレビューを確認

左のブラウザ表示の黒い部分はiframeによるYouTube動画なので理解できるとして、右のインスタントプレビューはCSSと画像がまったく読み取れていません。

検索結果での実際のインスタントプレビューはこのようになっています。

検索結果でのブログトップページのインスタントプレビュー

インスタントプレビュー確認は、エラーが起きた場合に通知してくれます。

インスタントプレビューのエラー通知

されていないのに「robots.txtでブロック」されているとか「取得に失敗」したとか、エラーがわんさか出てきます。

トラブルシューティングのために使ってほしいとGoogleは言っているのですが、こっちの機能がトラブルを起こしているのでハッキリ言って使いものになりません。

チェックのためには便利なツールだと思います。
実験として公開されたばかりなので改善に期待ですね。

この記事が参考になったと思ったらソーシャルメディアで共有してください。

Sponsored Links

Privacy Policy

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

この記事にはまだコメントが投稿されていません。

コメントを投稿する

※下の英数字のキャプチャコードを入力してから投稿してください。
*