[レベル: 中級]

3パック形式の表示スタイルをローカル検索結果にGoogleは導入しました。
この仕様変更に伴い、Google+ローカルページの検索結果における露出がほぼゼロになりました。
しかし、だからといって、Google+ローカルページの重要性もゼロになったというわけでありません。
少なくとも、完全にゼロにはなってはいません。
検索結果に利用されるそのビジネスのデータソース(情報源)としてGoogleマイビジネスから管理しておくべきでしょう。

ローカルパネルや詳細パネルに利用されるGoogleマイビジネスの登録情報

3パックをクリックして遷移した後のページで、それぞれのローカルビジネスの詳細を知ることができます。

紀伊國屋書店新宿本店の詳細パネル

またビジネス名で検索したときには、Google+ローカルページを所有していれば、検索結果の右にローカルパネルが表示されます。
(Google+ローカルページに限らず、Googleマイビジネスに登録したGoogle+ページを所有していれば表示されうる。Googleマイビジネスに登録していなくても、ナレッジグラフのナレッジパネルとして表示されることもある)

紀伊國屋書店新宿本店のローカルパネル

通常の検索結果のスニペットの下に住所情報が挿入されることもあります。
クリックするとGoogleマップでのその場所に飛びます。

ローカル検索結果のこうした詳細パネルやローカルパネル、またGoogleマップで出てくることがあるビジネス情報は、Googleマイビジネスに登録してあるGoogle+ローカルページの情報からも利用されます。
具体的には、次のようなビジネス情報が利用されます。

  • ビジネス名
  • ビジネスのカテゴリ
  • 住所
  • 営業時間
  • 電話番号

レビューと評価は、当然ながらそのビジネスのGoogle+ページに書き込まれたレビューと評価のデータも利用されています。

Googleマイビジネスの登録情報は正確に

詳細パネルやローカルパネルのビジネス情報は、ウェブサイトやそのほかのソースからも取得されています。
しかし、Googleマイビジネスに登録した情報を重要な情報源としてGoogleは利用しているのは確かなことです。

ローカル検索結果やGoogleマップで正しいビジネス情報をユーザーに提供するために、Googleマイビジネスに登録し正確な情報を入力しておくことは引き続き大切です。

Googleマイビジネスに未登録であれば登録して情報を入力します。
その後は、変更が発生したときに更新します。
すでにGoogleマイビジネスに登録済みであれば、ビジネス情報に間違いがないことを確認します。

もっともGoogle+ページを持っているからといって、日本ではアクティブユーザーが少ないGoogle+で活動する必要まではないでしょう。
いったん登録したら後は放置でかまいません。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › それでもGoogleマイビジネスでGoogle+ローカルページを管理すべき理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る