おなじみ、GoogleのMatt Cutts(マット・カッツ)氏のウェブマスター向けのショートビデオです。

今回のテーマは、「H1タグがH2タグよりも下に記述されていたらクローリングに問題が起こるか」という質問です。

「大丈夫」だそうです。

ページが全部H1やH2タグだったら、さすがにマズイですが、H1タグがH2より下にあっても、きちんと解釈してくれます。

Webページの40%は、何らかの構文間違いを犯しているという統計もあります。
Googleは、有益な情報を集めるためにHTMLのミスを上手に処理できるように努力しているということです。

だからといって、H1タグをH2タグの下にもってきてもよいというわけではありません。
HTMLは正しく記述するに越したことはありません。
しかし、技術の進歩で、多少のHTMLの打ち間違いは、検索エンジンやブラウザがカバーしてくれるようになっています。

「HTML文法100点満点は、順位が上がる」、「HTMLの間違いは、ランキングを下げる」、少なくともこれらはセールストークなので、引っかからないようにしてください。

『Google SEO、10のウソ』で書いた、都市伝説SEOも読み直してください。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › H1タグはH2タグの下に来てもOK!、ホントに?

Comments

  1. By on

    こんにちは
    いつも役立つ情報ありがとうございます

    > 「HTML文法100点満点は、順位が上がる」、
    > 「HTMLの間違いは、ランキングを下げる」

    これは嘘だと思ってたのですが、やはり嘘なんですね
    点数アップに時間かけるより、記事の充実や被リンク獲得などに
    時間使ったほうがいいですね

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    文法どおりに正しく記述できるならそれがいちばんですが、こだわりすぎることはないということですね。

▲ページの一番上に戻る