賢威のHTML文法チェック

WWWで利用される技術の標準化をすすめる団体のW3Cが提供する、サイトが正しく構成されているかチェックするツールを3つ紹介します。

1. HTML Validator
HTMLの文法が正しいかどうかチェックするツールです。
Another HTML-lint gatewayも有名ですね
HTMLの文法が正しいことが上位表示に直結するわけではありませんが、ブラウザで正常に表示するためにも、クローラに確実にソースを読んでもらうためにも、正しいに越したことはありません。

2. CSS Validator
こちらは、CSSをチェックするツールです。
CSSの記述が間違っていると思ったように表示されず、自分でも気づくことも多いでしょうが、文法に沿っていなくても見た目上正しく表示されることもあるので、確認してみましょう。

3. Link Checker
こちらは、リンクが正しく機能しているかチェックするツールです。
リンク切れのほか、robots.txtでの除外リダイレクトも検証してくれます。

これらのツールの機能は、Firefoxのアドオンなどでも提供されていますが、W3Cが提供しているということで、紹介しました。

ただ文法的に正しくても、ブラウザによって表示形式が異なる場合もあります。
特にIEはバージョンによっては、バグが多いようで困りものです。

各OS、各ブラウザでサイトがどのように表示されるかチェックできる、BrowserShotsというサイトがあります。

BrowserShotsの画面

iPhoneでのサイトの見え方を調べられるiphonetester.comというサイトもあります。

iPhoneで見たsuzukikenichi.com

利用してみてください。

P.S.
記事最初のスクリーンショットでのHTML文法のチェックは、京都のSEOコンサルタント松尾さんが手がけたSEO対応のテンプレート「賢威」のホームページを(勝手に)使わせていただきました。
僕が持っているサイトは、どれも満点を取れなかったもので。(笑)

でも、Googleのホームページだってひどいものです。

グーグルのホームページのHTML文法をチェック

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › HTMLだってCSSだって正しいほうがいいに決まってる

Comments

  1. By on

    なかなか難しいですよね。
    WordPressだとテーマファイルをすべてUTF-8にしないといけないし、Windowsのメモ帳で編集すると必ずエラーが出ます。
    ブログパーツでも大抵一つ二つエラーが出てくるので完璧なサイトはほとんどないでしょうね。(Google先生ですらあれですから)

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    100点にこだわることはないですね。

▲ページの一番上に戻る