ヤフー!アクセス解析Yahoo! Japanが独自のアクセス解析ツール、「Yahoo!アクセス解析」を一般公開しました。

これまでは、Yahoo!ジオシティーズのジオプラス会員のみへ提供でしたが、Yahoo! IDを持っていれば誰でも無料で利用できます。

さっそく登録して利用を開始しました。
まだデータ収集が始まったばかりなので、使い勝手や機能の特徴は分かりません。

一般公開前にすでに利用を始めていたリアルアクセス解析さんが、使用感をまとめているので、参照してください。

現在備わっていない「コンバージョン測定機能」は、今年の夏ごろに実装予定だそうです。

米Yahoo!は先立って今年2月に、「Yahoo! Web Analytics」というアクセス解析ツールのベータ版を、一部のユーザーに提供開始していました。

そして、つい最近Yahoo! Search Marketing(日本のOverture)の全広告主に向けて公開しています。

「Yahoo! Web Analytics」は、米Yahoo!がアクセス解析ツールのIndexToolsを買収して生まれたサービスです。

「Yahoo! Web Analytics」と「Yahoo!アクセス解析」は、同じシステムがベースになっているようにも思えるのですが、どうなのでしょう。

Yahoo! Japanに問い合わせてみたところ、次のような回答が返ってきました。

Yahoo! JAPANと他国のYahoo!サービスは、別の運営となっております。

他国のYahoo!サービスに関するお問い合わせにつきましては、弊社では
サポート対象外となっております。お手数をおかけいたしますが、
各国のYahoo!窓口にお問い合わせくださいますようお願いいたします。

そっけない返事です。
ベースが同じかどうかぐらい、教えてくれてもよさそうな気がしますが。
Overtureがあんなに親切なのは、お金を落としてくれる広告主が相手だからでしょうか?

とはいえ、Google Analyticsとどちらが優れているか、使っていきたいと思います。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogleアナリティクス › 日本版Yahoo! Web Analytics「Yahoo!アクセス解析」、一般公開

Comments

  1. By webmaster on

    Google Yahooとも、本当にサイト運営者を支援するために、Web Analyticsをこうかいしているのでしょうか? それとも、それらで集めた情報を使って、トレンドを計っているのでしょうか?無料っていうのが、いつも気になる私でした。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    Yahoo!は分かりませんが、GoogleはAdWordsを利用してほしいからでしょうね。
    GAはAdWordsと連携できるし、AdWordsアカウントを持っていればサポートが受けられます。

▲ページの一番上に戻る