すごいキーワードアドバイスツールを見つけてしまいました。

これです。

Wikipedia Article Traffic Statisticsで調べた2008年2月の「バラック・オバマ」検索

何がすごいかというと、キャプチャ画像のタイトルの「Wikipedia」です。

そう、このグラフはWikipedia日本で先月2月の、「バラック・オバマ」の日々の検索数を表しています。
※画像のリンク先ページで「ALL SIZES」ボタンをクリックすると、拡大表示が見られます。縦軸の数値の「k」は、「kilo」で「1,000」のことです。

ツールの名称は、「Wikipedia article traffic statistics」と言います。

Wikipediaのアクセス数は1,2を争うレベルのはずです。
古いデータしか見つかりませんでしたが、Wikipediaの2006年の推定ユニーク訪問者数は、「1851万人」だったそうです。

利用者の数から考えると、気になるキーワードの検索数を知るのには、いまだかつてないほどの信憑性があるのではないでしょうか?

データの出所はどこなの?、と気になりますよね。
Wikipedia本体から出ていると推測されます。

ツールページの右下に、「質問やコメントはUser:Henrikまで」とあり、アクセスするとWikipediaのHenrikさんというユーザーページに飛びます。

I am an administrator on Wikipedia.

ウィキペディアの管理者だそうです。
すげーな。(笑)

Wikipedia article traffic statisticsでは、世界中のWikipediaのデータを参照できます。
もちろん、日本のウィキペディアもです。
キャプチャは先月のデータですが、当月を選ぶこともできます。

English Wikipediaの、検索トップリストのデータも公開されています。

“Other projects will be added soon.(他のプロジェクトも近いうちに追加予定)”とあり、「Other projects」が他の言語を指すのか別の機能なのか分かりませんが、日本のウィキペディアのトップリストも公開してほしいですね。

Wikipedia article traffic statisticsには、こちらからアクセスできます。
Wikipedia article traffic statistics

上手に使いましょう。
でも、ツール依存症にならないように気をつけてくださいね。w

P.S.
フッターに、

This is very much a beta service and may disappear or change at any time.

これは、多分にベータサービスなので、いつ消滅または変更されるかもしれない、

とあるので、なくなってしまう可能性もあります。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPSEOツール › 史上最強か、ウィキペディアのキーワードアドバイスツール – Wikipedia article traffic statistics

▲ページの一番上に戻る