[レベル: 中〜上級]

構造化データはすべてのページ(PC向け・モバイル向け・AMP)に設定すべきなのでしょうか?
それとも、AMPページだけに設定すればいいのでしょうか?

こんな質問が、英語版のGoogleウェブマスター向け公式ヘルプフォーラムに投稿されました

Google社員のコメントも参照しながら、一緒に考えてみましょう。

AMPカルーセル用はAMPページに。それ以外は、現在はPC向けページに、今後はモバイル向けページに

基本的には、どんなタイプの構造化データを実装するかによって変わってきます。

AMPカルーセル用はAMPページに

モバイル検索では、AMPページがカルーセルに掲載されることがあります。
代表的なのはトップニュースのカルーセルです。

トップニュースのAMPカルーセル
※カルーセルではなくリスト形式で掲載されることもあります(キャプチャのカルーセルの上)

米Google (google.com) では、ニュース系コンテンツのほかにもレシピレストラン、ホテルのAMPカルーセルが導入されています。

AMPカルーセルに掲載されるようにするには、専用の構造化データをAMPページに設置する必要があります。

AMPカルーセルに表示させる必要がないのであれば、AMPページには構造化データを設置しなくても構いません(設置してももちろん悪いことはありません)。

通常の構造化データはPC向けページに

一方で、ずっと以前から使われているリッチスニペットや、それよりは新しい組織のロゴサイトリンク検索ボックスなどの一般的な構造化データはPC向けページに設定します。

昨日紹介した、画像検索の商品リッチスニペットもPC向けページにある構造化データの情報が利用されます。

画像検索のリッチスニペット

MFI導入後はモバイル向けページに

注意すべき点は、モバイルファーストインデックス(以下、MFI)の導入です。

現在はPC向けページがインデックスの対象になっています。
したがって、構造化データはPC向けページに設定してさえあればよく、モバイル向けページには必ずしも必要ではありません。

しかし、近い将来に導入されるMFIではモバイル向けページがインデックスの対象になります。
よってモバイル向けページに構造化データを設定しなければなりません。

リッチスニペットをはじめとした一般的な構造化データ(AMPカルーセル以外の構造化データ)は、MFI導入後は必ずモバイル向けページに設定する必要があります。

AMPとMFIが絡んでくると、構造化データの設定が以前よりもややこしくなってきますね。

レスポンシブウェブデザインならモバイル向けとPC向けは同じHTMLなので、区別する必要はありません。
それでもAMPページは別URLつまり異なるHTMLでの提供になります。
レスポンシブウェブデザインであっても、AMPカルーセルの対象になるコンテンツならAMPページへの構造化データを忘れずに設定しましょう。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › 構造化データを設置するのはどのページ? モバイル向け?、PC向け?、AMP?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る