HTMLドキュメントのHEADセクションに記述する「meta keywordsタグ」は、検索順位に影響を与えるのか、与えないのか、現状では影響を与えないというのがSEO界でほぼ共通した見解です。

ついにUS Court(米裁判所)も、meta keywordsは重要ではないという判決を下しました。

Technology & Marketing Law Blogが、STANDARD PROCESS, INCがDR. SCOTT J. BANKSに対して起こした訴訟の判決を詳しく解説しています。

STANDARD PROCESS社はサプリメントの卸売り企業、DR. SCOTT J. BANKS社はサプリメントの小売企業です。

STANDARD PROCESS社は、ライセンス解除後も自社の商品を売り続けたDR. SCOTT J. BANKS社が、サイトで「STANDARD PROCESS」の登録商標を使い続けたことなどに対して、消費者に混乱を与えるとして、DR. 訴えを起こしました。

判決自体は、STANDARD PROCESS社が勝訴したものの、「meta keywordsタグは、検索エンジンのランキング決定にほとんど影響せず、immaterial(取るに足らないもの)である」として、他社の名前をmeta keywordsで使うことは違法ではないと判断されました。

法律に違反しているかいないかという問題よりも、米裁判所が「検索エンジンは、meta keywordsタグを考慮していない」とみなしたことが、興味をそそるところです。

modern search engines make little if any use of metatags.

“現代のサーチエンジンは、もし仮にメタタグを使っていたとしてもほとんど価値を置いていない”

ついに、裁判所までmeta keywordsタグの効果のなさを認めてしまったかという印象ですね。(笑)

sphinnでは、この話題がピックアップされコメントもたくさん付いてます。

コメントの中で気になったのは、裁判所が「サーチエンジン=グーグル」ととらえているという指摘です。

確かに、Googleはmeta keywordsを順位付けには使っていません。
しかし、Yahoo!はmeta keywordsを順位付けの要素のひとつとして、いまだに使っていると思われます(程度は、微々たるものだという意見もあります)。

にもかかわらず、今回の裁判の判決が出ました。

米裁判所にも無視されるYahoo!がちょびっとかわいそうです。(笑)

P.S.
Goolgeは、meta keywordsタグを使っていませんが、スペルミスや打ち間違いのキーワードを入れておくと、アクセスが拾えます。
たとえば、「医療事務」を検索するときに、日本語入力がオフなのに気付かずに「iryoujimu」と入力して検索するユーザーが(たま?に)います。
コンテンツ中に「iryoujimu」と入れるのは、おマヌケなのでブラウザでは見えないmetaタグに入れておきます。
すると「iryoujimu」なんていう言葉はきわめて稀なので、meta keywordsであってもヒットします。

取り消し個所は、Yahoo!と勘違いしていたようです。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › META Keywordsタグはランキングに関係なし – 米裁判所も認めた

Comments

  1. By on

    今回の記事面白かったです。

    Yahoo涙目w

    そういえばMSの敵対買収始まるのでしょうか・・・

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    Yahooは、完全に無視されてますね。
    日本では考えられませんが。(笑)

    MSの買収提案に対しては、期日が来ても無回答だったそうです。
    まだまだどうなるか分かりませんね。

  2. By on

    おもしろい記事ですね。感心しました。

    > Goolgeは、meta keywordsタグを使っていませんが、
    > スペルミスや打ち間違いのキーワードを入れておくと、アクセスが拾えます。

    なるほど・・・いいアイデアですね。
    さっそく使わせていただきます。

    誤字をうまく本文に入れる方法を
    悩まなくてすみそうです(笑)

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    アクセス解析を見て、スペルミスでのビジターを見つけると笑えますよ。
    「おぉ、思惑通り間違えてる」って。(笑)

  3. By on

    いかにもアメリカっぽい話。
    判決を出すにあたり裁判所は
    Googleに直接話を聞いたんですかね。

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    聞いてないみたいです。
    それどころか、meta keywordsとmeta descriptionの違いも分かってないんじゃないかという話も。

  4. By on

    はじめまして。
    鈴木さんのご活躍、「賢威フォーラム」でも拝見しています。
    いつも楽しく読ませてもらってますが、コメントは初めてです。

    私は、裁判所が「META Keywordsタグはランキングに関係なし 」
    なんて認定をするところがアメリカらしいというか、
    日本の裁判所では考えられないと思いました。

    裁判でこんなこと言いきっちゃって大丈夫なのかなって(苦笑)。
    判例として確立されてしまえば、悪用する人間が出てきますよね、きっと。

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    過去に、meta keywordsタグに商標を入れてはいけないという判例があって、今回は逆の判断になったそうです。
    ホント、日本では考えられませんね。

    またコメントしてくださいね。

  5. By on

    お初にお目にかかります。
    いつも拝見させて頂いております。

    Yahoo!完全無視具合には笑えます。
    なんで効果がないと言いきれたのかは疑問が残るところですが

    >>P.S.
    >>Goolgeは、meta keywordsタグを使っていませんが、スペルミスや打ち間違い
    >>のキーワードを入れておくと、アクセスが拾えます。

    GoogleってMetaKeywords のみしか入っていないキーワードって検索結果でヒットしましたっけ?
    Yahoo!はいけたと思いますが・・・

    引っかかったとしても MetaKeywords < ドメイン名
    のようなので、日本語入力がオフでもむずかしめ?

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    GoogleってMetaKeywords のみしか入っていないキーワードって検索結果でヒットしましたっけ?

    はい、ヒットしますよ。

    日本語入力がオフでもむずかしめ?

    IMEオフは、一例です。
    ほかには、カタカナ未変換なんてのもあります。
    「ロッテリア」⇒「ろってりあ」

▲ページの一番上に戻る