CSSのtext-indentなどを利用して、画像を置き換えする「Phark Method(ファーク・メソッド)」というテクニックがあります。

このPharkメソッドを利用して、画像とH2タグを置き換えるのはサーチエンジン(Google)に、不正行為としてみなされるのかどうかという質問が、WebmasterWorldに投稿されました。

質問者は、サーチエンジンをだますつもりはなく、視覚効果を目的に、Pharkメソッドを利用したいようです。
しかし人間のユーザーに見えるのは画像ですが、グーグルに見えるのはH2タグで囲まれたテキストです。
隠しコンテンツと言えるでしょう。

以下は質問者が、記述したCSSです。

#header h2 a {
text-indent: -999em;
width: 269px;
height: 68px;
background: url(/galleries/1/logo.gif) no-repeat;
margin: 18px 0 0 32px;
border-bottom: 14px solid #fff;
display: block;

「text-indent: -999em」が、Pharkメソッドになります。

検索エンジンをだますSEOスパムになるのかならないのか、Administratorのtedstar氏がレスをつけたものの、明確ではないようです。

tedster氏は、Pharkメソッドを使ってペナルティを受けていないサイトをいくつも知っているし、反対にPharkメソッドを取り除くまでペナルティを解除されなかったサイトも知っているそうです。

さらに、tedster氏は過去にまったく相反する回答を、Googleのエンジニアから同時に得ています。

1人のGoogleエンジニアは、「スパムとしてペナルティを受ける可能性がある」と回答し、もう1人のGoogleエンジニアは、「キーワード・スタッフィング(キーワードの詰め込み)ではなく、明らかにユーザービリティを考えてのことなら問題ない」と回答しました。

状況によって、Googleの判断は変わってくるのでしょうか。

tedster氏によれば、今回のようにH2タグを画像で置き換えするのは、どちらかというと危険なようです。

というのは、Hタグはページ固有の見出しを表すため、すべてのページで同じコンテンツをHタグで指定するのは、本来の使い方でないからです。

Pharkメソッド、高度な技術ですが使ったことはありますか?

P.S.
Pharkメソッドについては、この記事を書くに当たって初めて知った手法でググッて調べました。
参考になったのは、意外にも2ちゃんのスレッドでした。
でも、途中でやっぱり2ちゃんらしく、バトルになってます。(笑)

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › PharkメソッドはSEO的に是か非か

Comments

  1. By on

    この手の話、前に聞いたことあります。
    個人的には、これこそ、「スパム」?と思っています。
    ※俺が言うのも何だが………

    ところで、スパムって、検索エンジンを騙す手法、特にJavascriptを使った手法が有名ですが、ページにキーワードを羅列したら駄目なの?何が違うの?

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    ※俺が言うのも何だが………

    Phark法の経験者?(笑)

    特にJavascriptを使った手法が有名ですが、ページにキーワードを羅列したら駄目なの?

    もう少し具体的に言うと、どんなのでしょう?
    ひたすらキーワードを詰め込む、「キーワード・スタッフィング」のことですか?

  2. By on

    ページにキーワードを羅列っていけないんですか?
    ググってみるとGoogle八分になる可能性もあるとか書いてあるんですけど。
    タグクラウドとかもこれに当てはまるんでしょうか。

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    「ダイエット ダイエット ダイエット・・・」のように、同じキーワードの連続がいけないということです。
    タグクラウドでペナルティを受けたという話は聞いたことがないので、大丈夫でしょうね。

  3. By on

    Pharkメソッドと同時期に登場した置き換え手法についてですが、仕組みが似ていますのでご参考までに。

    「Google(クローラ)が見るコンテンツと、ユーザーが閲覧するであろうコンテンツがほぼ同一であれば問題がなく、一方で隠しテキストや隠しリンクが悪意を持って、故意に行われていると判断されれば、Googleはランキングを下げたりインデックスから排除するなどの対策を講じる」

    あくまでGoogle での対応であって、YahooやMSNがどのように対処するかは不透明です。

    http://www.sem-r.com/0702/20071012073357.html
    http://www.lllcolor.com/web/seo/80.html

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    「display:none」は、有名な手法ですね。
    Pharkメソッドにしても、同じように「SEO」を意識してなのか、「ユーザービリティ」を意識してなのかが、スパムかどうかの分かれ目になりそうです。

    参考になる情報ありがとうございました。

  4. By on

    CSSの本には昔からよくある手法ですね。

    標準Webデザイン講座 翔泳社(初版2006年1月)などに
    よく出てきます。
    また、海外もののテンプレートなどでもよく見かけます。

    文書構造の正確さを追及するあまりに
    生み出された手法でしょうが、
    個人的には
    visibility:hidden
    display: none
    text-indent: -9999px
    は危険な香りがします。どうでしょうか?

    -999emはSafariの特定バージョンで
    問題が起きるので、-9999pxとすることが多いようです。

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    CSSの本には昔からよくある手法ですね。

    知っている人にはおなじみの手法なんですね。

    visibility:hidden
    display: none
    text-indent: -9999px

    ありとあらゆる方法で隠してますね。
    スパム認定されるか試してみてください。(笑)

    問題が起きるので、-9999pxとすることが多いようです。

    これも勉強になります。

    dyeさんは、Web製作にお詳しいようですね。
    またお気づきの点があったら、教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る