海外産も国産を含めて、数々のキーワードリサーチツールが存在しますが、僕がもっともよく使うのはGoogle AdWordsキーワードツールです。

「よく使う」というより、ほとんどこのツールですね。
ほかには、Google Insights for Searchキーワード最適化ツールを必要に応じて利用するくらいです。

AdWordsキーワードツールは本来、Google AdWordsの広告主向けに提供されるものですが、一般ユーザーにも公開されていて同等の機能を利用できます。

Googleは、Inside AdWordsでAdWordsの管理画面から使えるキーワードツールの新バージョンのベータ公開をアナウンスしました。

さっそく使ってみたので、主だった特徴をいくつか説明します。

小さな変更と大きな変更があります。

●コンビネーション
従来のキーワードツールは、関連キーワードの調査と、指定したURLのウェブサイトからのキーワード抽出が別々でした。
しかし、新しいキーワードツールでは、両者を組み合わせて、指定したサイトから特定のキーワードに関連するキーワードを拾うことができます。

新しいグーグル アドワーズ キーワードツール

また、キーワードのマッチタイプ(部分一致/フレーズ一致/完全一致)を複数同時に選択することも可能です。

●カテゴリ
カテゴリによる絞込みができます。
下のキャプチャは「保険」をキーワードに指定して、「Travel & Tourism(旅行と観光)」をカテゴリに選んだ結果です。
「旅行」系の「保険」関連キーワードだけが、表示されています。

新しいグーグル アドワーズ キーワードツール

●アドバンスオプション
詳細オプションを利用すると、「モバイル検索のデータ」を見たり、CPCやインプレッションの条件を指定して絞込みもできます。

新しいグーグル アドワーズ キーワードツール

これまでのツールでも、モバイル検索のキーワードを調べることができましたが、気づきにくかったですね。

●Google Insights for Search
もう1つの大きな特徴は、Google Insights for Searchにじかにアクセスできることです。
キーワードの横にある「虫メガネ」のアイコンをクリックすると、そのキーワードをGoogle Insights for Searchで検索してくれます。

新バージョンを使ってみて、いろいろな角度からキーワードを調べることができるようになっていて、ますます使い勝手が向上していると感じました。

キーワードツールに加えて、もう1つの別のツールがもアップデート版がベータ公開されています。

「Placement Tool(プレースメントツール)」と言って、Google AdWordsのプレースメントターゲット広告の出稿をサポートするツールです。

キーワードを指定すると、AdWors広告を掲載できる(AdSense広告を表示させている)、そのキーワードに関連したサイトを知ることができます。

グーグル プレースメント ツール

こちらもキーワードツールと同じように、特定のサイトから指定したキーワードだけのページを調べることも可能です(たとえば、キーワードに「ダイエット」、サイトに「www.youtube.com」を指定するとYouTube内のダイエット関連のページが出る)。

ただ、日本語サイトに関しては精度がいまいちなような気がします。

もちろんカテゴリからの絞込みもできます。

ドメイン名をクリックすると詳細が見れます。

グーグル プレースメント ツール

このデータは、Google Ad Plannerから引っ張ってきたデータですね。

僕の「suzukikenichi.com」も、Search Engine Optimizationのカテゴリの広告掲載可能なサイトとして入ってます。

プレースメントツールは万人向けではないかもしれませんが、個人的にはなかなか重宝しそうです。

なお新しいアップデート版のツールは、今のところ英語版だけでの提供です。

今後、2,3週間で他の言語にも展開していくとのことです。

言語設定を英語にすれば日本からでも使えるので、待ちきれない人はぜひ早いうちに体感してみましょう。

キーワードツールは、従来版の画面にリンクがあります。
プレースメントツールは、運用ツールの一覧ページにリンクがあります。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPSEOツール › バージョンアップ: Google AdWordsキーワードツール & プレースメントツール

▲ページの一番上に戻る