SEOは大きく分けて、2つに分類されます。

ひとつは、「On-page SEO」で、日本語では「内的SEO」とか「内的要因SEO」と言われます。
簡単に言うと、ウェブページのHTMLソースで施すSEOです。

もうひとつは、「Off-page SEO」で、日本語では「外的SEO」とか「外的要因SEO」と言われます。
こちらは簡単に言うと、被リンク・バックリンクです。

(ところで今強さを発揮しているドメインの年齢、いわゆるドメインエイジは、どちらに含まれるのでしょう?)

サーチエンジンのアルゴリズムの検索順位付けに当たって、どちらにより比重があるかというと、外的SEOです。

ですが、あなたも経験しているとおり被リンク集めはなかなか大変です。
一方、内的SEOはほぼ100%自分でコントロールできるので、取りこぼしのないように施策したいものです。

もっとも重要な内的SEOはなんですか?

と尋ねられたら、あなたは何だと答えますか?

そんな質問が、High Rankingsのフォーラムに投稿されました。

フォーラムアドミニストレータのJill女史、フォーラムモデレータのAndy氏、ともにほぼ同じ回答でした。

  1. タイトルタグ
  2. コンテンツのキーワード
  3. 内部リンク

個人的には、タイトルタグの力が以前より落ちているかなと感じていなくもないのですが、そんなことはないようですね。

トップ3に挙げられた内的SEOについては、過去に投稿しているので読み直してみてください。

  1. タイトルタグ
  2. コンテンツのキーワード
  3. 内部リンク

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › もっとも重要な内的SEOトップ3

Comments

  1. By on

    もっとも重要な内的SEOトップ3の内容に対する意見ではないですが、
    >トップ3に挙げられた内的SEOについては、過去に投稿しているので読み直してみてください。
    と下にリンクがあり、再度、記事を読みやすいですので再確認できて良いですね。

    トップ3は、私もそう思います。すごく納得。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    すでに知っていることばかりだったでしょうが、復習の意味でも確認してください。

  2. By on

    初めまして、御の字のそばと申します。
    いつも拝見させていただいてとります。

    >1.タイトルタグ
    >2.コンテンツのキーワード
    >3.内部リンク

    それらに続く項目は、なんだろうと考えたら
    ファイル名も大事かなぁ、と。

    それでは失礼いたします。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    英語のキーワードでは、URLにそのキーワードが入っているかどうかも影響を与えるようですが、ものすごく微々たるものだと僕は思います。

  3. By on

    SEOの本に書いてある初歩的なことですが、
    文字面で納得していて、
    いざ自分のサイトでは出来ていませんでした。
    何度も具体例で示して頂けるので
    はっと気付かされました。

    ありがとうございます。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    読んだだけで満足して、実践しないことって多いですよね。
    復習して、実行してください。

▲ページの一番上に戻る