[レベル: 上級]

AMP だけのサイトを公開することに問題はありません。
表示な高速によるユーザー体験の向上に加えて、クロールする URL が1つだけなので検索エンジンがやることがシンプルになるというメリットもあります。

モバイル向けページ、PC 向けページも作成すべきか?

reddit の SEO 掲示板で次のような質問が投稿されました。

現在、AMP だけでサイトを公開している。

対応する通常のモバイル向けサイトと PC 向けサイトも公開したほうがいいのか? そうすることに何かメリットはあるか?

通常サイトを作成するとしたら画像用の AMP コンポーネントを JavaScript のライブラリで置き換える必要がある。

Google の John Mueller(ジョン・ミューラー)氏はこのようにコメントしました。

AMP だけを使ったサイトに問題があるとは思わない――比較的高速なサイトを作るのに AMP は優れたフレームワークだ。本質的には AMP は HTML なので、ほかの HTML と同じように機能する。もっとたくさんの AMP だけのサイトが出現したらすばらしいことだ。各コンテンツに対して URL が1つだけになれば、概して言えば、クロールやインデックスなど SEO に関係することがずっとシンプルになる。

(通常サイトを作るとしたら)そのフレームワークでの JavaScript ベースのコンポーネントに注意したほうがいいかもしれない。対象にしている検索エンジンに対して確実に機能するように、つまりコンテンツがインデックスされるようにしなければならない。Google はレンダリングがとても得意なので、Google に関する限りはおそらく問題ないだろう。

きちんと機能しているかどうかを簡単に調べる方法は、利用している複雑な JS の要素で表示しているテキストコンテンツを取り出して、そもそもインデックスされているかどうかを確かめるためにそのテキストを検索エンジンで検索してみることだ。

画像に関しては、検索エンジンにインデックスされるようにしたいのであれば(すべての画像をインデックスさせる必要はない)、ドキュメントに記述されているようにフォールバックとして、noscript を必ず使うようにする。

1段落目では、AMP だけのサイトは問題ないし、むしろ AMP ページと通常ページの複数のページをインデックスしなくてもよくなるので、それが利点になるともミューラー氏は言っています。

登場当初は不可能だった動的な機能を可能にするコンポーネントを現在の AMP は豊富に提供しています。
よほど複雑な処理が必要でない限りは、AMP だけでサイトを構築するのは悪くないと僕も思います(AMP だけのサイトはどう? と最近も知人から相談を受けました)。

中国起源の EC サイトである AliExpress は、完全 AMP 化したモバイルサイトを今は提供しています。
通常のモバイルサイトは持っていません。

任意の JavaScript を AMP では動かせないという成約も WorkerDOM が完成すれば、完全ではないにしてもほとんどの環境において解決するでしょう(WorkerDOM の取り組みは今年 2 月の AMP Conf で発表され、現在アルファ版が公開中)。

ミューラー氏が言うように、AMP だけのサイト、通称 Canonical AMP が今後は増えていくかもしれませんね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPモバイルSEO › AMPだけのサイトに問題なし。クロール、インデックスするURLが1つになることによるSEO的なメリットも

▲ページの一番上に戻る