今年最後の更新です。

2018年は、医療系・健康系のコンテンツを扱うサイトに大きな影響を与えるアップデートが特徴的な年でもありました。
“高品質” な医療系・健康系コンテンツを提供するサイトが 2019 年に取り組むとよさそうな情報を今年最後の記事で紹介します。

医療系・健康系の構造化データ

schema.org には、医療や健康に関する MedicalEntity というタイプが存在します。
薬や病気、医学の研究や論文など医療と健康についての情報を、ほかの schema.org タイプと同様に、検索エンジンをはじめとする機械に理解させ人間であるユーザーに届けやすくします。

MedicalEntity にはたとえば、次のようなサブタイプが定義されています。

こちらは、MedicalScholarlyArticle のページに掲載されている構造化データの例です。

<script type="application/ld+json">
{
  "@context": "http://schema.org",
  "@type": "MedicalScholarlyArticle",
  "about": [
    {
      "@type": "Drug",
      "code": {
        "@id": "http://www.ncbi.nlm.nih.gov/mesh/D02.078.370.141.450",
        "@type": "MedicalCode",
        "code": "D02.078.370.141.450",
        "codingSystem": "MeSH"
      },
      "name": "Metformin"
    },
    {
      "@type": "MedicalCondition",
      "name": "Diabetes Mellitus, Type 2"
    }
  ],
  "audience": "http://schema.org/Clinician",
  "author": {
    "@type": "Person",
    "affiliation": "Medical University",
    "name": "Dr. John Smith"
  },
  "code": {
    "@id": "http://www.ncbi.nlm.nih.gov/mesh/C18.452.394.750.149",
    "@type": "MedicalCode",
    "code": "C18.452.394.750.149",
    "codingSystem": "MeSH"
  },
  "datePublished": "2012-03-24",
  "description": "We review clinical evidence related to the use of metformin for treatment of type-2 diabetes mellitus and provide new clinical guideline recommendations.",
  "evidenceLevel": "http://schema.org/EvidenceLevelA",
  "name": "New guidelines for metformin and diabetes mellitus",
  "publicationType": "Meta-Analysis",
  "recommendationStrength": "strong recommendation",
  "subject": [
    "metformin",
    "type 2 diabetes"
  ]
}
</script>

※構造化データ テスト ツールで検証するとエラーが出ます。MedicalEntity はまだ新しいタイプで(Pending?)ツールがサポートしていないからだと思われます。

こちらは僕が作った、Drug の構造化データの(とても簡素な)例です。

<script type="application/ld+json">
{
"@context": "http://schema.org",
"@type": "Drug",
"name": "バファリン",
"activeIngredient": ["アセチルサリチル酸(アスピリン)","ダイバッファーHT(合成ヒドロタルサイト)"],
"dosageForm": "錠剤",
"description": "頭痛によく効く",
"manufacturer": {
"@type": "Organization",
"name": "ライオン株式会社"
}
}
</script>

医療系サイトに多大な影響を及ぼしたアップデートによって不当な被害を受けていると主張するサイト管理者に対して、Google の John Mueller(ジョン・ミューラー)氏は、医療系情報を正しく Google に伝えるために、構造化データが役立つかもしれないとコメントしています。

と言っても、情報を適当に寄せ集めた低品質な健康系アフィリエイトサイトが構造化データを実装したとしても価値があるとは思いません。
専門家による高品質な医療系記事や政府機関が公開しているデータ、製薬会社の医薬品などは、ぜひとも MedicalEntity の構造化データでマークアップしてほしいものです。
構造化データの手助けによって信頼できる情報を発信するページを Google が上位表示できたとしたら、低品質なページは自然と駆逐されていくでしょう。

高品質で信頼が置ける医療・健康系コンテンツをあなたが発信しているなら、MedicalEntity の構造化データに取り組むのも1つの手だと思います。
schema.org の解説ページで研究してみてください。

冒頭でも触れたように、今年の更新はこれで終了です。
2018 年も僕のブログを読んでいただきありがとうございました。😃

2019 年もさまざまな出来事が SEO 界隈に起きることでしょう。
来年もあなたのお役に立てるように更新していきます。

新年は、4 日か 7 日に更新を再開する予定です。

それでは、よいお年を!

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPセマンティック検索 › 医療・健康系のアップデート対策になるか? schema.orgのMedicalEntity構造化データ

Comments

  1. By しん on

    医療系の良質なコンテンツ、医師や研究者の方も忙しいとは思いますが、時間を創って書いて欲しいですね。もちろん患者が第一ですが。

    ・分かりやすい言葉

    で、伝えて欲しいと願っています。

    成分や小難しい言葉では理解できませんので。

    とはいえ、医療系・健康系の構造化データを使わなければダメなのは・・・まだまだ検索エンジンも進化して欲しい。まだ何十年もかかりそうですね。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    >・分かりやすい言葉
    > で、伝えて欲しいと願っています。

    専門的な記事ではなく、一般人向けの記事であればまったくそのとおりです。
    医療系コンテンツであったとしてもユーザー視点で構成することは大切です。
    良い意見をコメントしていただきありがとうございました。

  2. By 栗田(superweibu) on

    今年もお世話になりました。

    鈴木さんの書かれる記事を読んでいながらすっかり忘れていたということもあり
    はずかしいかぎりですが、
    我々インフラを担当する側でもとても参考になります。

    来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    新年明けましておめでとうございます。
    少しでもお役にたてるコンテンツを今年も提供できればと思います。

▲ページの一番上に戻る