最近、Googleはウェブマスターへの情報公開を進めています。

今年の5月には、Udi Manber(ウディ・マンバー)氏が、Googleの検索品質について公式ブログで解説しました。

また、数日前にはAmit Singhal(アミット・シンガル)氏が、Googleランキングシステムの基本原則について解説しています。
※こちらは、ブログ記事として取り上げていません。SEMリサーチさんの『Google、検索ランキング決定の三原則を紹介』をご覧ください。

続けて、ランキングシステムのさらに突っ込んだ部分についての解説が投稿されました。

要点をまとめます。

  • 過去数年に渡ってクローリングとインデックスの技術の改良に注力している。
  • ウェブページのコンセプトを重要視する。そのページに直接キーワードがないとしても、何について書かれたページなのかを理解しようとする。
  • ページ内の重要なワードと、重要でないワードを区別する。
  • ページ内の情報の「Freshness(新鮮さ、新しさ)」も見ている。
  • スペルミス(打ち間違い)した検索の補正提示機能がよく機能している。
    ・例:「kofee Anan(コフィー・アナン国連事務総長)」で検索すると“Did you mean(日Googleでは、「もしかして」)”として、「kofi annan」を提示。「kofee beans(コーヒー豆)」で検索すると、「coffee beans」を提示。
    ※ 同じ「kofee」でも、「kofi」と「coffee」で異なる修正を提示してますね。
  • 同意語の認識にも力を入れている。
  • 検索キーワードに現れない、検索者の意図を理解するシステムを開発している。
  • 検索者のいる場所によって検索結果を変化させる、Localization(ローカリゼーション)を採用している。
    ・例:同じ「bank」を検索しても、Google US、Google UK、Google日本では結果が異なる。
  • ユーザーの検索履歴によって結果を最適化する、Personalization(パーソナリゼーション)も採用している。
  • 一般のウェブページだけではなく、画像や動画、ニュース記事なども検索結果に一緒に表示するUniversal Search(ユニバーサル サーチ)を取り入れている。
  • Cross Language Information Retrieval (CLIR)という、検索者の使用言語ではない言語のウェブページを翻訳する機能の導入を始めた。
    ・例:下のキャプチャ
    トヨタレンタカーのCLIR

前回のランキングシステムについての投稿は、Googleの理念を述べたもので抽象的な内容でしたが、今回はより具体的な仕組みについて語られていますね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › グーグル、検索システムの裏側を語る

Comments

  1. By オリジナルTシャツ on

    スウェットと検索すると、ヤフーではポカリスエットのサイトも掲載され、
    うちのサイトもその上下当りに掲載されます。

    グーグルで スエット と検索すると
    もしかして スウェット と聞いてきます。
    スエットでもスウェットでも、ポカリスウェットは出てきません。
    ポカリスエットの場合やはりポカリスエットと入力しますものね。

    やっぱり、グーグルの方が賢い?

  2. By ゆかりん on

    Localizationのところなんですけど、アメリカ国内で考えても、「bank」と検索した結果は、LAとNYとでは違うようなき気がしますがどうなんでしょうか(他の州に友達がいないので試せませんvv)。またそれは、なにを基準にしているのですか?サイトのサーバーの場所ですか、それともサイトのドメイン登録者の住所ですか?教えてください。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    はい、LAとNYでは結果が違うことがあります。
    近接しているNYとBostonでも異なることがあるそうですよ。

    Localizationは、使用しているPCのIPアドレスから検索者の所在地を割り出して、サイトのドメイン名(gTLD)やサーバーのIPアドレスと照らし合わせてより近いものを提示します。

  3. By ゆかりん on

    回答どうもありがとうございます。でもサーバーの場所は検索結果に用いるには的確ではない情報のような気がするのですが。それより、サイトに記載されているコンタクト情報やabout usのような情報の方が、検索結果基準に使われているということはありますか?度々すみません。どうやったらNYのお客さんに見つけてもらいやすくできるかな、と思いまして。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    ゆかりんさんは、あの方ですね。
    直接メールしていただいてもよかったのに。(笑)

    サーバーの場所は検索結果に用いるには的確ではない情報のような気がするのですが

    物理的(地理的)に近いものを返すというのも、Localizationの仕組みなのです。

    サイトに記載されているコンタクト情報やabout usのような情報の方が、検索結果基準に使われているということはありますか?

    これはLocaizationというよりも、通常検索のアルゴリズムに組み込まれているはずです。

    どうやったらNYのお客さんに見つけてもらいやすくできるか

    シンプルなのは、タイトルタグにNY(やNYにある地区名)を入れたり、コンテンツの中に地域名を含めることですね。

    特定の地域が定まっているなら、地域名を含んだアンカーテキストでリンクを張るのもいいでしょう。

    あと実際の店舗をNYに持っているなら、Google Mapsへの登録もいいかもしれません(こちらは、詳しくありません)。

▲ページの一番上に戻る