僕たち、SEOに取り組むウェブマスターにとって、GoogleやYahoo!といった検索サービスの内側というのは常に気になるものです。

しかしながら、検索アルゴリズムは企業秘密だし、乱用を防ぐ目的もあり、公表されることはまずありません。

そうは言っても、完全な秘密主義もよろしくないということで、GoogleのSearch Quality teamのVice President、Udi Manber氏が、Googleの公式ブログで、検索品質について情報公開してくれました。

個人的に興味を持った部分を解説します。

◆◆◆

Google検索が唯一無二、目指すところは、「ユーザーの検索性向上」です。
それ以外の何者でもありません。

検索の品質(サーチクオリティ)は、1つの部門ではなく複数の部門に渡って開発されています。
Googleの中に、Search Qualityというセクションがあり、その中にランキングのアルゴリズムを開発するグループ、ユーザーインターフェイスを開発するグループ、ウェブスパム対策を行うグループなどがあります。

有名なMatt Cutts氏は、Webspam teamの長です。

検索順位を決めるのは非常に難しいことです。

理由のひとつは、言葉そのものの曖昧さに加えて、文章には決まった形でのルールが存在しないからです。
そして、検索キーワードからだけで検索者の意図を正確に知ることは難しいためです。
特に、2語以下の検索については。

したがって、ウェブ上のすべてのドキュメントを把握して、検索者の求めるものを正確に推測することが重要になります。

ランキングにかかわる指標でもっとも有名なのがPageRankです。
PageRankは、今でもアルゴリズムとして使われてますが、大規模な仕組みの中の一部分にしかすぎません。

ランキングには、慣用句・同意語・スペルミスといった言語的要素や、キーワードをどのような意味で使っているのかという意図的要素、その瞬間にいちばん適した情報は何かという時間的要素、個々の検索者にとって最適な結果を出すパーソナライズ的要素、なども加味されます。

自動で、常に検索結果に対する評価が行われていて、定期的に全体的なチェックも実行されています。
特定のアルゴリズムに関しても、チェックしています。

2007年には、450個のアルゴリズムが開発・改良されました。
平均して、1週間に9個の割合になります。

1月には、重要なPageRankの更新をしました。

◆◆◆

なんだか、あまり上手にまとめられませんでした。(笑)

他には、少数派の言語への対応取り組みや、ユニバーサルサーチが例に挙げられるユーザーインターフェイスの開発、Webspam対策チームの紹介などについても、書かれています。

検索アルゴリズムは、「Crown Jewel(宝石で装飾された王冠)」ということで、核心までは言及していませんが、今後も続けて情報を公開していくと、Udi Manber氏はコメントしています。

次回は、もうちょっと突っ込んだ部分にも迫ってほしいですね。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › グーグル Udi Manber氏、検索品質について語る

Comments

  1. By on

    > 2007年には、450個のアルゴリズムが開発・改良されました。

    実際に組み込まれているのかどうか分かりませんが「Sandbox Effect(サンドボックス・エフェクト)」、これだけは勘弁して欲しいです。

    私のサイトも約4ヶ月、砂場でもがいてきました。(1ヶ月ほど前にようやく戻りました。)

    ドメインが古いとか新しいとか関係なしで、コンテンツが良ければ上位表示、悪ければ落とされる、それでいいと思うのですが。

    死活問題になるウェブオーナーもいると思うので・・・

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    死活問題になるウェブオーナーもいると思うので・・・

    Googleは、サイト運営者を儲けさせるために検索サービスを運営しているわけじゃないですからねぇ・・・。(笑)

▲ページの一番上に戻る