Googleパンダアップデート

パンダ・アップデートでは広告を貼ったサイトが順位を下げる?

パンダ・アップデートでは広告の設置の仕方によっては、「質が低い」と判断されてランキングが下がる可能性がある。広告の場所・広告の数・広告の識別しやすさ が問題になってくるようだ。

米国&英国版 パンダ・アップデート負け組 ワースト10

独SISTRIXが、先日実行されたパンダ・アップデートの世界展開でランキングを下げたサイトのデータを公表した。調査はSISTRIX独自の指標に基づくもの。パンダ・アップデートの世界展開時にはアルゴリズムの改良も同時に行われた。米英のワースト10にはどのようなサイトがランキング入りしているのだろうか。

ついに来た! Google、パンダ・アップデートを全世界へ導入

パンダ・アップデート/ファーマー・アップデートを世界規模で導入したことを、Googleは公式発表した。パンダ・アップデートの世界展開にはアルゴリズムの改良も含まれる。日本のGoogleも含まれるが、日本語検索には適用されない。

パンダ・アップデートが「低品質」とみなすコンテンツとは?

パンダ・アップデートは「低品質なコンテンツ」を検索結果に出さないことをいちばんの目的にしている。低品質なコンテンツを指し示すのにGoogleは“Shallow”という修飾語を使っている。パンダ・アップデートが排除する“Shallow”なコンテンツとはいったい何なのか?

パンダ・アップデートでは、質の低いコンテンツページにリンクすると順位が下がる

「質が低い」ことを判断するためにパンダ・アップデートはさまざまな指標を見ていると思われる。そのなかの1つに、リンク先ページの質も含まれているようだ。内容が浅いページにリンクするとそのページにリンクしたページの評価も下がる。

パンダ・アップデートから身を守る5つの予防法

パンダ・アップデートで被害を受けたものの見事に復活劇をとげたサイトの事例から、パンダ・アップデートに対する5つの対処策を解説。

【99%公式】Google、パンダアップデートを日本にも導入 at SMX West 2011

「パンダアップデート(ファーマーアップデート)は日本のGoogleにも導入する」、GoogleのMatt Cutts氏から直接聞いてきたコメント。パンダアップデートに備えて何をすべきか、SMX Westのセッションを基に説明する。

“パンダ・アップデート”から見据える今後のGoogle SEO

ファーマー・アップデートから1週間が経過した。ファーマー・アップデートはGoogle社内では「Big Panda」という会hつネームが付けられていた。公式・非公式の情報を元にビッグパンダから今後のGoogle SEOを予測してみる。

“パンダ・アップデート(旧ファーマー・アップデート)”、Googleが大規模なアルゴリズム更新を実行

Googleはアルゴリズム更新を実施したことを公式アナウンスした。規模の大きいアルゴリズム変更で低品質なサイトを検索に出にくくするもの。コンテンツファーム対策と推測され、ファーマー・アップデート(Farmer Upadate)と名付けられた。