Google検索品質評価ガイドライン

【2019年5月16日】Googleが検索品質評価ガイドラインを更新、やや大きめの変更点は3つ

検索品質評価ガイドラインを 2019 年 5 月 16 日付けで Google は更新した。最新版には大きな変更点はないが、しいて挙げると、次の 3 点が比較的特筆すべき変更になる――E-A-T からページ品質へ・著者の専門性要件の緩和・インタースティシャルへの言及

コンテンツ作成者のレピュテーションをGoogleは検索アルゴリズムに本当に利用しているのか?

Google の検索結果の品質を評価するためのガイドラインが新しいバージョンに更新された。このバージョンでは、特に YMYL サイトにおける、コンテンツ作成者のレピュテーション(評判や信頼性)に重きが置かれるようになった。しかし、だからといってコンテンツ作成者のレピュテーションを検索アルゴリズムが直接判断しているわけでもなさそうだ。

Google、フェイクニュース対策として“プロジェクト アウル アップデート”を実施

検索品質の向上を目的として、Google はいくつかの重要な変更を実施した。Project Owl(プロジェクト アウル)という名前のプロジェクトのもとに進められたこの変更の主要点は次の3つ。「アルゴリズム改良」「評価ガイドラインの改訂」「オートコンプリートおよび強調スニペットのフィードバックシステム提供」

Google検索品質評価ガイドラインが定義する最高品質のページに必須な3つの要素

高品質なサイトやページに求められる条件として「E-A-T」が、メジャーバージョンアップしたGoogleの検索品質ガイドラインに新たに加わった。この記事では、高品質なページに求められる E-A-T 以外の条件、そしてそのなかでも最高品質のページに求められる3つの条件について解説する。

検索の仕組みを解説するサイトをGoogleが開設、実際のスパムサイトや検索品質評価ガイドラインも公開

検索の仕組みを解説する新しいサイトをGoogleが公開した。クロールとインデックス・アルゴリズム・スパム対策・ポリシーの説明に加えインフォグラフィックも提供している。検索品質評価ガイドラインの公開や実際のスパムサイトの提示など価値ある情報がたくさん手に入る。

▲ページの一番上に戻る