E-A-T

YMYLに該当するトピックをGoogleはアルゴリズムで決め打ちしていない

YMYL に該当するトピックを Google は手動でアルゴリズムに設定していない。

非YMYLサイトであればE-A-Tは不要、著者名はadminでも問題ない

YMYL ジャンルに相当しないサイトでは admin のような一般的な名前を著者名として使っても問題にはならない。

サイトと記事の信頼性・透明性を高めるために必要な情報

サイトと記事の信頼性および透明性をニュースパブリッシャーが示すために必要な情報を Google は公式ブログでアドバイスした。E-A-T を高めたいと考えている一般サイトのコンテンツ発行者にも参考になる内容だ。

コンテンツ著者をGoogleはどのようにして認識しているのか?――プロフィールページが重要

そのコンテンツを作成したのは誰なのか、そしてその人物がどんな存在なのかを Google はどのようにして認識しているのだろうか。

Google検索の品質評価者はどのようにして🥕E-A-T🍰を評価しているのか?

検索品質をどのように改善しているか、特に品質評価ガイドラインをどのように利用しているかについて Google がオフィシャルブログで解説した。Expertise(専門性)と Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)、いわゆる E-A-T を検索結果に出てきたページが備えているかどうかを評価者がどのように判断するかどうかをたとえ話を交えて説明している。イメージをつかみやすい説明だ。

E-A-Tはランキング要因なのか? Googleが公式ブログに追記

Googleは、昨年 8 月に公開したコア アップデートの解説記事に E-A-T がランキング要因ではないという補足を今年の 3 月に追記していた。

YMYLサイトのためのE-A-T攻略法 from #PubCon Las Vegas 2019

PubCon Las Vegas 2019 で参加したセッションのレポート。テーマは E-A-T。特に YMYL 分野のサイトで E-A-T を高めるための施策に役立つだろう。

E-A-TスコアもYMYLスコアもGoogle検索には存在しない、コアアルゴリズムはベイビーアルゴリズムの集合体 #PubCon

E-A-T スコアや YMYL スコアというような指標を Google は内部的に持っていない。E-A-T や YMYL というのは、アルゴリズムをわかりやすく概念化したもの。

偽情報を検索結果から排除するGoogleの戦いの鍵はE-A-TとYMYL

偽の情報を排除するための取り組みを解説したホワイトペーパーを Google は公開した。この記事では、特に YMYL と EAT が登場するセクションに絞ってこのホワイトペーパーを紹介する。

Google検索品質評価ガイドラインが定義する最高品質のページに必須な3つの要素

高品質なサイトやページに求められる条件として「E-A-T」が、メジャーバージョンアップしたGoogleの検索品質ガイドラインに新たに加わった。この記事では、高品質なページに求められる E-A-T 以外の条件、そしてそのなかでも最高品質のページに求められる3つの条件について解説する。