現在SMX Westに参加中ですが、予約投稿での更新です。

今日は、WebmasterWorldの有料フォーラムのスレッドで明かされた、アンカーテキストの効果を最大限に引き上げる裏技とも言えるリンクを紹介します。

SMXから帰ってきてからでもよかったのですが、このフォーラムはMatt CuttsをはじめGoogleの人も見ていることが多いため、見つかる前に教えておきます。(笑)

ただし一般公開のフォーラムとは違って、購読料を支払って参加するフォーラムなので詳しくは説明しません。
あらかじめご了承ください。

ちなみに記事タイトルは、Web in the morningさん風にしました(いつもブラッキーなネタをありがとうございます)w

GoogleのSEOに効くのはアンカーテキストです。
しかし狙いすぎると、伸び悩んだり、時にはペナルティの対象にもなってしまいます。

ところがそれをすり抜ける方法が発見されたました。

ターゲットキーワードをアンカーテキストにして順位を上げたい対象ページに直接リンクを張るのではなく、中間ページを挟むのです。
中間ページにキーワードをアンカーテキストにしたリンクを張ります。

「XYZ」というキーワードでwww.example.comの上位表示を狙っていたとします。

普通なら「XYZ」をアンカーテキストにして、www.example.comにリンクを張りますよね。
でもこの方法は違うのです。
「XYZ」でリンクする別のページを挟みます。

・www.mysiteA.comのページへ「XYZ」でリンクします。
・www.mysiteB.comのページへ「XYZ」でリンクします。
・www.mysiteC.comのページへ「XYZ」でリンクします。

そして、「XYZ」でリンクしたmysiteA.com、mysiteB.com、mysiteC.comのそれぞれのページから、www.example.comへリンクを張ります。

www.example.comへのリンクのアンカーテキストには「XYZ」を使いません。
あるタイプのアンカーテキストを用います。

PageRankはリンクを通して、間接的であっても2つ以上先のリンク先ページにも渡りますね。
アンカーテキストも同じように2つ以上先のリンク先ページに渡るようなイメージです。

「そんなことが起こるの?」と疑問に思いますよね。

この手法を伝えたスレッドを読んだときは僕もそう思いました。

眉唾ものです。

ところが他のフォーラムメンバーが挑戦したところ、本当にランキングが上がったという報告が相次いでいるんです。

Googleに対策される前に試してみると面白そうです。
でも万が一損害を被ったとしても僕は責任を取れないで自己責任でお願いします。

一部伏せてある情報は先週金曜日の僕のツイートを見ると手がかりがあるかもw

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 最強のアンカーテキストリンク 〜 海外フォーラム編

Comments

  1. By on

    >>ちなみに記事タイトルは、Web in the morningさん風にしましたw
    ん・・・もしや・・と思いましたが、ありがとうございますw

    今回の間接的リンク構造の話ですが、似たような事を去年実験で行った事がありました。
    その時には、直接リンクしたほうが効果が高かったので辞めましたが、今回の記事で有効だと聞いて、確かに今のアルゴリズムではアリかも~と思います。

    個人的には今回の記事の手法は他の評価が下がったから有効なのか、プラスに働くアルゴリズムを搭載したから有効なのか、この違いは大きいので少し検証したいと思います。

    だからと言ってブラックに走らないように頑張りますw

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    パクッてしまって失礼しました。(笑)
    Web担にピックアップしたくなる、オリジナルかつきわどいネタをいつもありがとうございます。

    「尖った感じがなくなってきた」という声もあるようですが、僕は今くらいがちょうどいいと思いますよ。
    ブラックなことを研究しつつ、あくまでも本筋はホワイト。

    今回の裏技も試してみてどうなったか教えてください。
    楽しみにしています。

  2. By hirai on

    >www.example.comへのリンクのアンカーテキストには「XYZ」を使いません。
    >あるタイプのアンカーテキストを用います。 

    あるタイプのアンカーテキスト何でしょう?

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    記事でも説明したように有料フォーラムでの情報です。
    不特定多数に公開している記事なので伏せさせていただきます。
    ご理解ください。

▲ページの一番上に戻る