先週、重要なコンテンツをページの上部に置くのはそれほど意味のないSEOになってきているという記事を書きました。

ブログ読者さんからコメントをいただいたこともあり、もう少し掘り下げて分析してみようと思います。

まず、順番が関係ないとするWebmaterWorldのアドミニストレータ、tedster氏の発言を示します。

– It is true that clever approaches such as “ye olde table trick” or “source-ordered content” no longer offer all the ranking advantage that they used to. Google has definitely matured.

“古めかしいtableレイアウトのトリック、いわゆるソースの順番を意識する巧妙な手法は、かつてのようにすべてのランキングのアドバンテージには、もはや役立っていないことは事実だ。”

最初に出てくるから重要視されるというのは、昔の話だという意味です。

ここで注意してほしいのは、tedsterが言っているからといって絶対に正しいとは限らないということです。

コメントしてくれた読者さんは、ソースの順番を入れ替えた直後に順位が上がったそうです。

ソースの入れ替えが功を奏したと断言することはできませんが、かといってまったく無関係だと否定することもできません。

メインコンテンツをソースの上に移動するというのは、スパム行為ではまったくありませんから、自分の信じるやり方を実行するのがいちばんです。

しかし、今後は重要視するコンテンツを手間ひまをかけてまで、上部に配置する必要はなくなると、僕は予想します。

主要サーチエンジンであるGoogle、Yahoo!、Microsoftはそれぞれ、ウェブページのコンテンツをセグメント、ブロック単位で評価するパテント(特許)を、申請しています。

最近では、Yahoo!が別に申請した”Automatic Visual Segmentation of Webpages“というパテントも公開されています。

ウェブページのコンテンツをセグメント化することには、多くのメリットがあります。

  1. ニュースサイトのように、複数のトピックをテーマにしたコンテンツが同一ページに並ぶ場合。セグメント化すれば、個々のトピックを区別して認識、評価できる。
  2. SERPのスニペット生成。検索結果に表示されるウェブページの簡潔な説明文は、meta descriptionの記述が使われることが多いが、検索キーワードに合致していないこともある。セグメント化していれば、ページ内のコンテンツからよりふさわしい部分を抽出できる。
  3. セグメント化することで、主要なページへのリンクが含まれているメインメニューが判断できる。SERPに表示するサイト内ページへのショートカットリンク(Yahoo!ならクイックリンク、Googleならサイトリンク)の生成に役立てられる。
  4. 異なる複数のQ&Aが掲載されるFAQページの理解に都合がよい。
  5. 製品やレストランのレビューのように複数のパートからなるページは、セグメント化することで別の場所でも使うことができる。Googleのローカルリスティングに出てくる、口コミサイトから引用されたレビューが例。
  6. セグメントに応じて、リンクの重み付けを変えられる。たとえば、、サイドバーにある広告リンクよりも、メインコンテンツのリンクの評価を高くできる。

サーチエンジンは、さまざまな要素をヒントに用いて、ウェブページをメインコンテンツ、ヘッダー、フッター、ナビゲーション、広告などのブロックに分割しようとしています。

HTMLタグ、空白スペース、水平線、フォントの色やサイズや種類、背景色そしてDOMなどが、用いられる要素の例です。

重要なコンテンツを上部に持ってくることは無意味だとか、そうするべきではないと主張しているわけではありません。

パテントとして公開されたからといって、アルゴリズムにすべてが実装されているわけでもありません。

しかし、少なくともサーチエンジンがウェブページをセグメント化し、ページ単位ではなく、細かなブロック単位でコンテンツを評価しようと試みていることは事実です。

すでに大切なコンテンツを上部に配置するように構成しているなら、そのまま使い続けてまったく問題はありません。

ただ、多大な時間と労力をかけて変更するようなら、他にするべきもっと重要なことがないか、今一度よく考えてみてもよいのではないかと思います。

メインコンテンツを上部に移動させるためにHTMLをいじる時間があったら、ユーザーに役立つようなコンテンツが何かを調べて、1ページでも多くコンテンツを増やしたほうが効果があるのではないでしょうか。

「重要なキーワードはページの初めに書いたほうが評価ポイントが高い」とは、よく言われることですが、将来に向かって考えてみると、効果がなくなる、少なくとも薄れると考えるのが自然だと僕は思います。

「最初にある」=「重要」、いつもいつもそうとは限りません。

それに、場所がどこであろうとも、本当に重要なコンテンツをサーチエンジンがうまい具合に見つけ出してくれたほうが、僕たちウェブマスターにとっても都合がいいはずです。

あなたはどう考えますか?

【Source】
Breaking Pages Apart: What Automatic Segmentation of Webpages Might Mean to Design and SEO – SEO by the Sea

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › メインコンテンツはソース上部に配置しなくてよい、ウェブページはセグメント化して評価される

Comments

  1. By Taichi on

    セグメント化するってことは一つのサイトを分割してそれぞれをまた個別に調べるということですよね。
    Googleの方の負荷もサイトの方の負荷も上がりますよね。
    もう本格的にサイトの軽量化を図った方が良いのかなぁ。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    いえ、そういうことではないです。

    1ページを1まとまりとして見るのではなく、ヘッダー・サイドバー・メインコンテンツ1・メインコンテンツ2・フッター・etc.として、個別個別に評価基準を分けるということです。

    ファイルのサイズとは関係ありません。

  2. By t32k on

    HTML5のなどのナビゲーションとコンテンツを明示できるような要素が使えるようになったら、ますますソースコードの順序なんて関係ないかもしれませんね。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    そういえば、HTML5にはそういったタグが採用されるんでしたね。
    ソースコードの順番ではなく、タグでそれぞれのブロックが何なのかを示せますね。

  3. By F.Ko-Ji on

    どれだけ利用されているかわかりませんが、
    音声読み上げブラウザを使っている人にとっては
    メインコンテンツは上にあったほうがいいかなと思います。
    (SEO的な話ではないですけど)

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    F.Ko-Jiさん、こんにちは。
    ブログ読んでます。(^^)

    テキストブラウザは、単純に上から読み上げていくんですね。
    だったら、メインコンテンツが上のほうがいかもしれないです。

    ブラウザがセグメント単位で理解して、メインコンテンツを判断できるようになれば便利そうです。

  4. By access on

    こんにちは!

    >ただ、多大な時間と労力をかけて変更するようなら、他にするべきもっと重要なことがないか、今一度よく考えてみてもよいのではないかと思います。

    おっしゃるとおりですね
    以前は何かあるたびに、いじくってました(汗
    ビルダーで作っていたので、パンくずリストが大事といわれれば
    手作業で全ページに入れたり…しんどかった
    あくまでも役に立つコンテンツが重要ですね

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    やってダメということはありませんが、優先順位を見極めて作業しないといけませんよね。
    小手先のテクニックは、いずれ通用しなくなってしまいます。

  5. By はいれん on

    いつも楽しく勉強させて頂いていますm(_ _)m
    SEO初心者にとって小手先のテクニックが
    通用しなくなるには嬉しい事ですね^^

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    「小手先のテクニック」は楽ですけどね。(笑)
    地道な努力が最終的には、安定した結果を生み出します。
    頑張ってください。

▲ページの一番上に戻る