[レベル: ALL]

新しい Search Console に「セキュリティの問題」レポートが追加されました。

Google Webmaster の公式 Twitter アカウントがアナウンスしています。

「セキュリティの問題」レポートの追加

Search Console のナビゲーションメニューに「セキュリティと手動による対策」が見えています。
このメニューの中に、「セキュリティの問題」が加わっています。
これまでは「手動による対策」だけでした。

セキュリティの問題レポート

セキュリティに問題があるサイトはさすがに管理していないので、実際にどのようにレポートされるかは確かめられません。
公式アカウントがツイッターに投稿したサンプルの画像がこちらです。

セキュリティの問題サンプル

URL インジェクションのハッキングマルウェアや望ましくないソフトウェア説明が不十分なモバイル向け定期購入ページなどのセキュリティの問題がレポートされています。

旧バージョンの Search Console から新バージョンの Search Console に引き継がれた機能と新たに追加された機能、そして新バージョンでは廃止される機能の現在の状況を Google は先日説明しました。

このときは、セキュリティのレポートに関しては触れていませんでした。
ですが、新バージョンにも移植されました。
ハッキングに代表されるようにセキュリティは重要なテーマです。
したがって、新バージョンでも必須の機能です。
移植されないはずがありません。

ただの一度でも利用したいレポートでは決してありませんが、もし万が一セキュリティの問題が検出されたときは早急に対処する必要があります。
セキュリティに関する主だったドキュメントを列挙しておきます。

問題を解消できたあとは、セキュリティの問題レポートから審査をリクエストします。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle Search Console › Google、新Search Consoleに「セキュリティの問題」レポートを追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る