[対象: 全員]

Googleは、Googleウェブマスターツールのナビゲーションメニューの構成を改良しました。

新しいナビゲーションは、以前よりもわかりやすくアクセスしやすくなっています。

新しいナビゲーションのお知らせ
ログインすると表示される新しいナビゲーションのお知らせメッセージ

ナビゲーションメニューの整理と項目名変更

ナビゲーションメニューを構成しなおし、項目の名前を変更しました。

新たな4つのメニュー項目に主要なレポートと機能が整理されました。

  • 検索のデザイン
  • 検索トラフィック
  • Google インデックス
  • クロール

新しいナビゲーションのメニュー項目

以前は、「設定」「健全性」「トラフィック」「最適化」というメニューでした。
各メニューに所属しているレポート・機能も新しい構成とは違っていました。

アカウントレベルのタスクの移動

ウェブマスターツールの設定やアドレス変更、ユーザーとサイト所有者の追加など、ユーザー権限のレベルによって実行可能・不可能が制限される機能は、ナビゲーションメニューからページの右上にある歯車アイコンの中に移動しました。

歯車アイコンをクリックすると出てくるメニュー

制限付きユーザーだと、実行できるタスクしか出てきません。

制限付きユーザーが実行できるメニューだけ

 

「検索のデザイン」の概要を説明するポップアップウィンドウ

検索結果の基本要素(タイトルやスニペット、URLなど)や、サイトリンク、パンくずリスト、サイト内検索、イベントや商品のリッチスニペット、著者情報などのオプションの要素が何かを説明するポップアップウィンドウが利用できます。

「検索のデザイン」のポップアップウィンドウを表示するには、[検索のデザイン]メニューの横にある「?」マークのアイコンをクリックします。

ポップアップウィンドウを表示するための?アイコン

すると下のようなポップアップウィンドウが出現します。

「検索のデザイン」のポップアップウィンドウ

たとえば、「スニペット」をクリックすると下のような詳細情報が出てきます。
関連するウェブマスターツールの機能とヘルプへはリンクが張ってあります。

スニペットの詳細情報

今回のメニュー項目の整理は個人的には気に入った改良です。

今まではわかりやすいとは決して言えませんでした。
慣れていてもたまに迷うことがありました。

3つめのポップアップウィンドウはウェブマスターツールを使い始めたばかりの初級者には親切な機能になりそうです(「?」に気付けば、ですが)。

新しい機能の追加も嬉しいですが、こうして使いやすくアクセスしやすくするユーザービリティの改善も嬉しいですね。

【公式アナウンス】
Official Google Webmaster Central Blog: Easier navigation without GPS

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle Search Console › Googleウェブマスターツールがナビゲーションを一新、以前よりもアクセスしやすくわかりやすく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る