鳩山首相がTwitterを始めたことをご存知の方も多いでしょう。

同時に鳩Cafeというブログも開設しています。

ここで職業病というか、SEOフリークの血が騒いでしまいブログのHTMLソースを見たところ、奇妙な記述を発見しました。

なんと、meta robotsタグで”noindex”と”nofollow“が記述されているではありませんか。

鳩CafeのHTMLソース

nofollowに関しては、万一コメントスパムがあった場合の対策など理解できなくもないのですが、noindexに関しては「なぜ検索結果に表示させたくないのだろうか」という疑問がわきました。

鳩山首相がブログを始めたということで、「鳩山首相 ブログ」や「鳩カフェ」で検索する日本国民が必ずいるはずです。

その昔、米国のジョージ・ブッシュ前大統領時のホワイトハウスのサイトはrobots.txtで検索エンジンのアクセスを意図的にブロックしていたそうですが、鳩山首相のブログも故意にインデックスに出さないようにしているのでしょうか?

政治の透明性を謳う鳩山政権にふさわしくない振る舞いです。w

結論から言うと、テスト中の記述をそのままにしていたのではないかと思われます。
その証拠に今はnoidex/nofollowともに消えています。
インデックスされ、検索結果にも表示されています。

ひょっとしら、これを指摘した僕のツイートを担当者が見たのかもしれません。(笑)

ま、事実はどうであれ、鳩山首相がブログやTwitterに興味関心をもって、自身で利用を始めたのは個人的にはとても喜ばしいことだと感じています。

どちらも定期的に更新してメッセージを発信してほしいですね。

P.S.
ちなみに鳩Cafeブログには、まだまだ突っ込みどころが満載です。

たとえば、meta keywordsタグのキーワードの区切りが”,”(半角カンマ)ではなく、”、”(全角読点)になってます。

他には、robots.txtがテスト用のサーバーとおぼしき6a.typepad.jpというサイトに302リダイレクトされてます。

robots.txtをリダイレクトするのって初めて見ました。

どれも余計なお世話と言われればそれまでです。(笑)

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPフリートーク › 鳩山首相ブログは検索エンジンにインデックスさせたくないらしい

Comments

  1. By とおる on

    はじめまして。

    鳩カフェのソース、私も好奇心から開いてみました。

    アクセス解析にQuantcastを選択しているのも不思議です。米国在住の閲覧者をターゲティングしてどうしようというのか? jsに不要な記述があることと考え合わせると、海外のどこかの企業ブログのソースをコピーしてデザインを入れ替えたように思えます。

    いただけないのは、サイトのプライバシーポリシーに反して、文字サイズの保持にクッキーを使用していることです。おそらく制作担当者はプライバシーポリシーを読んでいないのではないでしょうか。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    精通した人(たち)が設計・作成したわけではないのは明らかですね。
    そして僕たちにこんなところでつつかれているとは、想像すらしていないでしょうね。(笑)

▲ページの一番上に戻る