Google Webmaster Centralブログが、コメントスパムの真相を述べた記事をアップしました。

重要点をまとめます。

◆◆◆

コメントスパムは、リンクを得る方法としては不正かつ危険なもので、他人の作業を台無しにし、ウェブの価値を下げます。

Googleは、コメントスパムによるリンクをアルゴリズムで検出できるようになっています。
したがってコメントスパムを行っても、無価値かほぼ価値のないリンクを張る作業に、時間を費やしていることにしかなりません。

サイト管理者は、コメントスパムを防ぐために次のような防御策を実行してください。

  • 匿名のコメントを許可しない
  • コメントスパムを自動で防ぐためのCAPCHAなどの手段を使う
  • 承認制を有効にする
  • コメント欄のリンクにnofollow属性を付ける
  • コメント内のハイパーリンクを無効にする
  • コメントのページをrobots.txtやmetaタグでブロックする

詳細は、ヘルプの『コメント スパムを防ぐ方法』で説明しています。

もし過去にコメントスパムをやってしまった場合は、Googleウェブマスターツールから外部リンクを確認し、コメントスパムによるリンクが検出されていたら、コメントを残したサイトの管理者にコンタクトをとるなどして、削除を試みてください。

そして、再審査リクエストを送信してください。

◆◆◆

簡潔に言えば、

  • コメントスパムのリンクは効果がないからやるな
  • コメントスパムを許すな
  • 過去に犯したコメントスパムを清算しなさい

このようになりますね。

コメントスパムを見破りたいけれど完全には達成できていないから、こんな記事を書いたんじゃないかと考えるのは、勘ぐりすぎでしょうか。

でも、コメントスパムでリンクを稼ごうとする行為は、冗談抜きでやめるべきです。

コメントスパムは、Googleが言っているようにウェブ全体を荒らし、ゴミを残す以外の何物でもありません。

僕も過去にやったことがありますが、その行為を恥じています。
反省しています。

もし、僕のブログ読者で今でもコメントスパムでリンクを集めている人がいたら、今日からストップしましょう。

インターネットは素性を明かさずに何でもできるとはいえ、他人に迷惑をかける行為だけはやってはいけません。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Googleのコメントスパムに対する警告

Comments

  1. By on

    こんなこと言いつつ、コメントスパムを行っているサイトが、特定のキーワードで上位表示しているところを見ると、

    > コメントスパムを見破りたいけれど完全には達成できていないから、
    > こんな記事を書いたんじゃないかと考えるのは、勘ぐりすぎでしょうか。

    これもあながち間違えじゃないのかな、なんて。

    全然、関係ないですけど、リニューアル後のサイト、見てるだけでテンションが上がるくらいいい出来ですねw

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    「脅し」みたいなもんですかね。(笑)

    新デザインを気に入ってもらえて嬉しいです。
    ありがとうございます。

▲ページの一番上に戻る