Googleとも違う、Yahoo!とも違う、MSN Live Searchとも違う、次世代のサーチエンジンが登場しました。

Powerset(パワーセット)」と言います。

Powersetのホームページ

前々から存在はしていましたが、正式な公開です。

Powersetの大きな特徴のひとつとして、Wikipediaとの連係が挙げられ、検索結果にWikipediaからの情報が表示されます。

Henry VIIIの検索結果

例えば「Henry VIII(ヘンリ8世)」を検索すると、WikipediaからHenry VIIIの記事の抜粋、プロフィール、関連記事などが現れます。

しかし、いちばんの注目は、「Natural Language Search」や「Semantic Search」と呼ばれるテクノロジーを採用している点です。

Powersetは、「自然言語検索」「セマンティック(意味的)検索」といって、単語・語句・文章、言葉そのものの意味を理解できるのです。

これが、「次世代」と呼ばれる理由です。

GoogleにせよYahooにせよ、言語の意味を理解しているわけではありません。
同時に使われている語句だったり、アンカーテキストだったり、さまざまな統計的なデータを元に言語が持つ意味を「推測」しているに過ぎません(推測の精度は、日々進化していますが)。

例えば、Powersetで「politicians who dies of disease」と検索したとしましょう。

politician(政治家)を具体的な政治家の名前と結びつけて結果表示したり、disease(病気)を具体的な病名と結びつたりして検索結果を返します。
また、病気で死んだ政治家のリストが表示されます。

これは、Powersetが「politicians who dies of disease」の意味を理解しているからです。

従来のサーチエンジンなら、これらの語句が含まれているページか、リンクにアンカーテキストとして含まれているページを表示するでしょう。

まだ公開されたばかりで、英語にしか対応していませんが、GoogleやYahooとはまったく異なる検索システムとして今後注目すべき存在です。

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Powerset(パワーセット) – 次世代サーチエンジン

Comments

  1. By on

    Powerset のウェブサイトQAに 「今後、数ヶ月の内に新機能やコンテンツを追加する」と書かれていますね。いずれはWEB検索にも進出して欲しいですね。まさに、今後注目の検索エンジンです。

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    Wikipediaだけじゃ、求めている情報が得られないですよね。

    「Semantic Search」がどこまで信頼できるのか気になります。
    言葉で「意味を理解できる」というのは簡単ですが、人間の文章の曖昧さも分かるんでしょうか?

  2. By on

    今頃”正式”な公開なんですね。
    しかし、どんな高性能な検索エンジンでも今更Googleには勝てないと思います。
    どの検索エンジンも同じように高性能になっていることもあってか、今のユーザーは性能ではなくただ検索さえできればいいと思っているような気がします。(ちなみに私はそう思っています。)
    そういえばYahoo!が日本語版のYahoo! Site Explorerを公開してましたよ。

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    Googleとは違う検索サービスなので、ユーザーが使い分ければいいのではないでしょうか?

  3. By 茶々々 on

    先日はありがとうございました。
    生徒さん用の解説ブログにSeesaaの件を書いてみました。
    http://affiliatetiger.blog15.fc2.com/blog-entry-42.html
    ブログ名が、どうやら鈴木さんがアドバイザーをしている塾の名前と同じようですね。

    ところで、もうご存知かと思いますが、
    Powersetに関してのこんなページがありましたので参考まで。
    http://www.atmarkit.co.jp/news/200805/15/ps.html

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    Powersetの記事は、面白いですね。

    まだまだ発展途上ですが、性能が向上すれば(ユーザーとして)、とても便利な検索システムになりそうです。
    「Powerset SEO」なんていうのも登場しますかね。(笑)

    P.S.

    ブログ名が、どうやら鈴木さんがアドバイザーをしている塾の名前と同じようですね。

    違いますよ?。
    僕は「虎の穴」ではなく「LFM」です。w

  4. By on

    >僕は「虎の穴」ではなく「LFM」です。w
    失礼しました ^^;

    どこかに御サイトのBBSがあった記憶がありますが、見つからないのでここでご教授いただきたいのですが。
    最近Googleアルゴリズムの変更の噂ありますか?
    Seesaaブログで10位以内だったキーワードが全て跡形もなくダウンしてます。
    20日にGooglebotがクロールしてからなのですが、1日の検索数が300から10までダウンして困ってます。
    ウエブマスターツールの状況では今まで「サマリー」で、
    「インデックス ステータス」の「サイトマップのページ」の所が問題なく「サイトマップのページが Google のインデックスに登録されました 。」となってたのですが、20日以降「サイトマップのページはまだ Google のインデックスに登録されていません。・・・」とアラートが出てしまいます。
    site:演算子で検索してみたところ590件HITするのでインデックスはされているようですが、なぜに? sitemap.xmlのErrorでもないようですし。

    ここの所ニュースサイトなどに頻繁にTBしてましたから、不自然な被リンク獲得として判断され個別PageRank(ブログ立ち上げ1月ですのでまだ上辺のRankはなしです)に影響があり、検索結果の上位表示に影響しているのでしょうか?  不明です。

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    どこかに御サイトのBBSがあった記憶がありますが、

    いえ、ありません。
    茶々々さん、僕のことを誰か他の人と間違えてると思います。(笑)

    最近Googleアルゴリズムの変更の噂ありますか?

    細かな順位変動は毎日発生しています。
    『Googleのランキングは毎日変わる』

    ただ、比較的大きな変動が最近起こったようですね。
    http://www.webmasterworld.com/google/3639486-1-15.htm
    (記事に書こうと思っていたのですが、忘れてました。w)

    Google のインデックスに登録されていません。・・・」とアラートが出てしまいます。

    GWTは、よくエラーが起きますが無視していいです。
    そのうち直ります。

    順位が下がっても、慌てずにしばらく様子を見てから対処することをおすすめします。
    ⇒ 『突然、順位が下がったらどうする?

  5. By on

    追記
    「サマリー」↓
    「サイトが Google インデックスに登録されました。」

    「サイトマップのページが Google のインデックスに登録されました 。」
    の違いは何なのでしょうか?ヘルプセンターにも明確な回答がないのです。

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    これは、ちょっと僕にもわかりませんね。

    サイトマップに記述されているページがインデックスされたのか、サイトマップそのものがインデックスされたのか。

  6. By on

    >僕のことを誰か他の人と間違えてると思います。(笑)
    度重なる失礼 m(__)m 最近いろいろ回りすぎて記憶の欠如が、、。
    メルマガは毎回拝見しております。

    まあ確かに「ハネムーン・サンドボックス」ということもありますね。
    4月末立ち上げで300/1日というのも出来過ぎだったのかも。
    回復した頃にはオリンピック終わっていたりして(笑)
    2010バンクーバーに賭けるか?

    *** Reply form Suzuki Kenichi ***

    メルマガ講読ありがとうございます。

    順位変動にあまり一喜一憂せずにのんびりやってみてください。
    って、そういうわけにもいかないのでしょうか。(笑)

▲ページの一番上に戻る