[対象: 中〜上級]

Googleは、先週金曜日の夜(現地時間)にペンギンアップデートの更新を実行したことを認めました。
Search Engine LandがGoogleに確認を取っています。

Penguin Update 3.0

SEOたちがいち早く更新をキャッチ

先週末から、WebmasterWorldをはじめとしたSEO系フォーラムやTwitter、Google+などのソーシャルメディアでもペンギン更新の兆候の話題で持ち切りでした。

ペンギンアップデート(とパンダアップデート)の分析とリカバリにおいては、数々の実績を誇るGlenn Gabe氏は、まずインターナショナルで更新が実行され、少し遅れて米国で実行されたようだと分析しています。

米国でのインパクトのほうが大きいと感じているようです。

 

全体的な変動は軽微か?

一方で、ペンギンアップデート更新に否定的な見方も出ていました。

こちらは、MozCastの運用管理をはじめ、Mozでアルゴリズム分析を専門にしているPete Meyers(ピート・マイヤーズ)氏のツイートです。

大規模なペンギンの変動を昨日はまだ何も確認できていない。

ペンギンの影響を受けた個別のケースを追跡している人たちは変動を見ているようだが、複数の検索結果にわたっては私たちはまだ変動を見ていない。

こちらは、Keylime Toolboxといって、ウェブマスターツールを開発した元Google社員のVanessa Fox(ヴァネッサ・フォックス)氏が関わっているSEOツールの公式アカウントのツイートです。

ペンギンアップデートの噂をずっと聞いているけど、自分は確認できていない。みんなはどう?

こちらは、Branded3という英国の大手SEOコンサルティング企業に勤めるTim Grace(ティム・グレイス)氏の公式アナウンス後のツイートです。

私がこれまで見る限りでは、本当に粗悪なサイトだけをこのペンギンアップデートは対象にしている。

更新を実施した以外の情報はこの記事を公開する時点では出てきていません。
更新は確かに実行されましたが、検索結果全体に与える影響はともすると軽微なものに留まっているのかもしれません。
単なるデータ更新なのかアルゴリズム本体に変更が加えられたのかも今のところ不明です。

なにはともあれ、1年以上の時を経てようやくペンギンアップデートの更新が到来しました。
リカバリに成功した方、長く耐えてきたましたがおめでとうございます。
二度と捕まることがないように、これからは健全にサイトを運営してください。:)

ペンギンアップデート履歴】 ※日付は現地時間

  1. ペンギンアップデート 1.0(導入)on 2012年4月24日
  2. ペンギンアップデート 1.1(1度目の更新、データのリフレッシュ) on 2012年5月25日
  3. ペンギンアップデート 1.2(2度目の更新、データのリフレッシュ)on 2012年10月5日
  4. ペンギンアップデート 2.0(3度目の更新、データのリフレッシュとアルゴリズム改良)on 2013年5月22日
  5. ペンギンアップデート 2.1(4度目の更新、データのリフレッシュとアルゴリズム改良)on 2013年10月4日
  6. ペンギンアップデート 3.0 (?)(5度目の更新、詳細不明)on 2014年10月17日 ※今回

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Contrents]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › 【Google公式】ペンギンアップデート更新(3.0)が1年以上の時を経てついに実施

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


▲ページの一番上に戻る