もうお気づきですか?

Google Japanのホームページのデザインがリニューアルしましたね。

新しくなったグーグルのホームページ

殺風景なくらいシンプルなインターフェイスが一新して、Googleの各サービスへのショートカットが並んでいます。

Google Japan Blogでも公式にアナウンスされています。

本家のGoogle.comは、変化ありません。
今回のリニューアルとGoogle.comの今後の動きについてSEO Bookmarkでegralnetさんは、次のように分析しています。

3つの動きが考えられます。1つはグーグルのアジア戦略で、日本人好みのトップページに切り替えた?こと(シンプルなTOPですが)、2つ目はヤフーとマイクロソフト合併前にメール部門などのシェアを獲得すること。事実シュミット氏はMSとヤフーの合併には後ろ向きな姿勢でした。そして3つ目は中国の百度の勢いがすごいこと。百度はイメージ検索などで今シェア2位くらいまできていることがこの前どっかのサイトで出ていました。

styleさんが同調。

egralnetさんの意見に大筋同意できます。日本人はYahooのようなポータルサイトを好みますしね。1つのサイトで色々できた方がいいという一般ユーザーの感覚が強いですもんね。なので、その層に向けてコンテンツのナビゲーション良くしたということでしょうかね。

グーグル日本のブログによれば、

多くのユーザーの皆さんから、各種サービスへの入り口がわかりづらいというフィードバックをいただいてきました。

とのことなので、ナビゲーションを分かりやすくしたんですね。

日本独自のリニューアルという見方ができそうです。

実際どうなのかなと思い、アメリカ最大のITフォーラム、WebmasterWorld Furumsで質問してみました。

そう、WMWデビューです。(笑)

New Home page of Google Japan

驚いたことに、WMWのアドミニストレータ兼Googleフォーラムのtedster氏がレスを付けてくれました!

Hello suzukik, and welcome to the forums.

Thank you for letting us know – that is a very interesting new layout. It’s hard to predict what Google will do. They will probably be testing each layout according to its users and be deciding from there. If the new home page is very popular in Japan it could be tested in other countries.

“こんにちは、suzukik。フォーラムへようこそ。

知らせてくれてありがとう。とても面白い新しいレイアウトだ。(米国の)Googleがどうするか予測するのは難しい。その国のユーザーに応じてレイアウトをテストして、そこから決めるのだろう。もし新しいホームページが日本で評判良ければ、他の国でもテストされるかもしれない。”

どうってことのないコメントですが、いつもコメントを引用させてもらっているtedster氏から直接返事がもらえるととは、感動です。

Google日本の新ホームページに話を戻して、
日本人に受けるようなインターフェイスを採用しているのでしょう。
ヤフーの牙城攻略に、攻勢を強めてきたのかもしれませんね。

▼新Googleホームページ関連情報
グーグルがヤフーに対抗しホームページデザイン変更 – 【SEO初心者のEvoブログ】

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

次のエントリも読むとSEOにさらに強くなります。

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › グーグルのトップページが変わった – WMWにデビューしてみた

▲ページの一番上に戻る