[対象: 全員]

Googleは、検索ページの上部に表示する黒色のメニューバー、正式名称を「Googleバー (Google bar)」と言いますが、そのユーザーインターフェイス(UI)を新しいデザインに変えました。

新しいGoogleバー

「何が変わったのか?」と疑問の声が出てくるかもしれません。

Googleは昨年の11月にドロップダウン形式のGoogleバーにデザイン変更しています。

ドロップダウン式のGoogleバー

展開がかなりスローペースで僕がブログ記事にしたのは今年の1月に入ってのことです。

結局、僕の環境ではドロップダウン形式のGoogleバーに切り替わることのないまま今回の次のGoogleバーのデザイン変更を迎えてしまいました。

ユーザーのフィードバックを受けて再度デザイン変更したとのことで、ひょっとすると評判があまりよくなかったのかもしれませんね。

最新のUIは2世代前のGoogleバーと見た目はほぼ同じですが、デフォルトでメニュー表示されているGoogleサービスの項目が変わっています。

「もっと見る」の中に入っている他のGoogleサービスへのリンクも変わりました。

日本語UIのGoogleバーの「もっと見る」を展開

Google.comは中身が豊富です。

英語UIのGoogleバーの「もっと見る」を展開

またGoogleアカウントにログインしている場合は、名前と写真のプロフィールがGoogleバーから抜けだして白のメインエリアに移動しました。
以前よりも目立ち、Google+への投稿ボタンも大きくなっています。

こちらは以前のデザインです。

旧タイプのGoogleバーに表示されたプロフィール

こちらは新しいデザインで、共有ボタンをクリックしたところです。

新しいGoogleバーに表示されたプロいィール

Google+の利用を促す目的もあるんでしょうかね。

新しいGoogleバーをGoogleが公式アナウンスしたのは2月9日のことです。

今後数週間かけて展開していくとのことだったのでそろそろ全員に行き届く頃でしょうか。

ちなみに僕はGoogle.comでは切り替わっていたもののGoogle.co.jpでは昔のままだったので、(この記事を書くために)Cookieを消して強制更新しました。(笑)

このエントリーが役に立ったらシェアしてください

[Ads & Featured Articles]

海外SEO情報ブログTOPGoogle SEO › Google、ブラックバーのUIを再度デザイン変更

Comments

  1. By on

    いつも貴重な記事、ありがとうございます。
    Twitter経由でよく拝読させて頂いてます。

    で、本記事のGoogleバーのUI変更ですが、自分にはGoogle+の場所が右最上部から検索窓の横に降りてきたのが非常に気になりました。(自分は検索画面よりむしろGmail利用時に気になったもので)

    年明けから続くGoogleのGoogle+の利用強化の一環なのかな、とは思った訳ですが、移動した場所が本来あるべき場所ではないように感じられて非常に違和感を感じた次第です。

    いずれにせよ右上という視覚に入りづらい場所な訳だからいっその事多大な批判覚悟で左メニュー最上部に追加してみては?と思ったのですが、大胆なテストは難しい状況なのかもですね。
    こういった変更の実施方法にも、巨大化したGoogleの現状が垣間見れるような気がするのは自分だけでしょうか。。

    *** Reply from Suzuki Kenichi ***
    コメント、ありがとうございます。

    非常に違和感を感じた

    僕も同感です。
    Google+の普及を目的に目立つ場所に移動してもっと使わせようという思惑があるのかもしれませんが、気になりますよね。
    ことG+に関しては、Googleは見境ないようにも思えます。
    慣れるまでの辛抱でしょうか。

▲ページの一番上に戻る